宮本茉由、三浦友和の“美人秘書”役に起用「必死についていけるように頑張ります!」

12月4日(水)14時0分 オリコン

土曜ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』に出演する宮本茉由

写真を拡大

 女優の宮本茉由が来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『トップナイフ —天才脳外科医の条件—』(毎週土曜 後10:00) に出演することがわかった。宮本は、物語の舞台となる“脳外科”のクセ者である脳神経外科部長・今出川(三浦友和)の“美人秘書”玉井静香(たまい・しずか)役に決定した。

 女優・天海祐希主演による同ドラマは、わずか0.1ミリの手元の狂いが患者の生死を分けるプレッシャー、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という、そんな最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。天海、三浦をはじめ、椎名桔平広瀬アリス永山絢斗、古川雄大らの出演がすでに発表されている。

 モデルとして活躍中の宮本は、昨年女優デビューを果たしたばかりとあって「こんなにも素敵なキャストの皆さまと一緒にお仕事させていただけること、心から感謝し幸せに思います。現場でたくさんのことを吸収し、必死についていけるように頑張ります!」と気合をみせる。

 静香は今出川部長の隣に佇む“美人秘書”でトップナイフたちの争いにはそれほど関心がないようだが…実は秘書としてだけではなく意外な一面を持つ、といったキャラクター。「どこかクールで掴みどころのない彼女ですが、物語が進むごとに彼女がどのような感情の変化を見せるのか楽しみにしていてください。ドラマを盛り上げられるよう精一杯頑張ります!是非ごらんください!」とアピールしている。

オリコン

「三浦友和」をもっと詳しく

「三浦友和」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ