大河ドラマ「麒麟がくる」1月5、12日の代替番組発表「北アルプス ドローン大縦走」「天皇のディナー」

12月4日(水)15時28分 スポーツニッポン

東京・渋谷区のNHK

写真を拡大

 NHKは4日、初回放送日が来年1月19日に2週間延期となった大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の1月5日、12日の代替番組を発表した。5日は「北アルプス ドローン大縦走〜雪の槍ヶ岳 天貫く孤高の頂〜」(後8・00〜8・45)、12日は「天皇のディナー〜歴史を動かした美食」(後7・30〜8・42)を放送する。

 5日のBSプレミアムの大河枠は「大岡越前スペシャル親子をつなぐ名裁き(再放送)」(後6・00〜7・29)、12日は「カウントダウン大河『麒麟がくる』」(後6・00〜6・40)に決定。BS4Kでは5日に「あなたも挑戦してみませんか新絶景タイムスケイプ」(前9・00〜9・59)、12日に「グレートヒマラヤトレイル エベレスト光の回廊(再放送)」(前8・00〜9・29)を放送する。

 大河ドラマ59作目の「麒麟がくる」は、第29作「太平記」を手掛けた池端俊策氏(73)のオリジナル脚本で、大河としては智将・明智光秀を初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。

 主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君・斎藤道三(本木雅弘)の娘で、後の織田信長(染谷将太)の正妻となる帰蝶(濃姫)役でレギュラー出演予定だった女優の沢尻エリカ容疑者(33)が先月16日に合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕され、撮り直しとなり、同26日に初回放送日の延期が発表されていた。代役は大河初出演となる女優の川口春奈(24)が務める。

スポーツニッポン

「大河ドラマ」をもっと詳しく

「大河ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ