EXILE TETSUYA、はみ出た肉を堪能「いきなりメキシコ行っちゃいます」

12月4日(月)18時32分 Techinsight

パンからはみ出た肉に笑みがこぼれる EXILE TETSUYA

写真を拡大

10回目の開催を迎える『ふるさと祭り東京2018』(2018年1月12日(金)〜21日(日))の記者発表会が4日、東京ドームにて行われた。日本の祭りナビゲーターとしてEXILE USA、EXILE TETSUYA、スペシャルプロデューサーの小倉智昭らが登壇し、イベントの魅力を熱く語った。

『ふるさと祭り東京2018』では全国各地のお祭りが集結する。今年初参加となるのは岐阜県の“郡上おどり”で、8月に現地で“郡上おどり”を踊ってきたというUSAとTETSUYAの様子がVTRに流れると「4、5曲レクチャーしていただいた。夜中まで踊る徹夜踊りの期間に行き、演奏する方、歌う方、踊る方、全員朝まで」と楽しそうに振り返ったUSA。「このお酒が美味しくて」と地酒も堪能し、小倉智昭から「いいよな」と羨まれる場面もあった。


イベントでは祭りのほか、各地の味を堪能できることも魅力のひとつである。EXILEの2人に続き今年からナビゲーターとして参加したDream Shizukaは、気になるどんぶりに「(千葉)らぁ麺ごはん」をあげるも「全部行きたい、がっつり行きたい」と食いしん坊ぶりを発揮した。


試食コーナーでは殿堂入りした『うにめし丼』をマスコミのカメラを前に「恥ずかしい」と言いながらも大きな口をあけたShizukaは「めっちゃ美味しい! ご飯にまで味がしみこんで旨味が凄い。間違いない」と大絶賛。パンからはみ出た肉が凄い『牛サガリステーキのサルササンド』を試食したTETSUYAは頬張りすぎてすぐにコメントができず、もごもごしながら「肉の味もしっかりしている。USAさん、これテキーラにピッタリ。ふるさと祭りだけどいきなりメキシコ行っちゃいます」とお酒好きなUSAにも勧めていた。

最後の挨拶でフジテレビ久代萌美アナウンサーが順番を間違えるというハプニングもあったものの、最後にUSAは「2018年も心も体も元気で過ごせるように、ここでいっぱい美味しいものを食べ笑って歌って踊って皆でハッピーな時間を過ごしたいと思っています」「お祭りは見るだけでなく参加して踊る貴重な体験ができる“みんなで踊らナイト!”をおすすめします」と力強くアピールしていた。

Techinsight

「TETSUYA」をもっと詳しく

「TETSUYA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ