若狭勝弁護士「議事堂内の診療所は診療も薬もタダ」暴露に「桜よりこっちの方が大問題!」と激怒の声

12月4日(水)13時50分 Techinsight

政府は医療費の抑制に向けて、病院で処方される薬のうち市販薬と同じような効果がある風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、漢方薬などについて公的医療保険の対象から外す、75歳以上の人が加入する後期高齢者医療の窓口負担を1割から2割に引き上げることを検討している。この問題を扱った情報番組に出演していた元衆議院議員の若狭勝弁護士が、国会議事堂内にあるという診療所について驚きの発言をした。

3日放送の『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)内では、10月から火曜日のスペシャルキャスターを務めるカズレーザーメイプル超合金)の“ニュースが知りたい”コーナーで、この医療制度改革で焦点となっている2つの案について徹底検証した。

まず風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、漢方薬の“全額自己負担”が検討されている件について、カズレーザーが「こういった薬は市販薬でも、効果のほどは変わらないということですか?」と尋ねると、専門家は「薬というのは非常に厳しい審査と検査があります。成分と量が一緒でしたら効き目は一緒です」と答えている。ただ、後期高齢者医療の窓口負担も増えることから「受診を控えることによって、治療が遅れてしまう恐れがある」という懸念を示す医師もいるようだ。

このように今後、国民の医療費負担が増える可能性が高いのだが、MCの小倉智昭から意見を求められたゲストの若狭勝弁護士から衝撃の事実が明かされた。「私が国会議員をやっていた時に感じたのは、国会議事堂の中に診療所があるんです」「その診療所にかかると、診療代も薬代もタダなんです」と話し、国民の負担を増やす前にやるべきことがあるだろう—と持論を展開したのだ。ちなみに若狭弁護士が衆議院議員に在任していたのは、2014年12月から2017年9月までの2期である。

この発言に、ツイッター上では「国会議事堂の中の診療所は、診察代も薬代も無料とは、それで国民にさらに負担かけさすとは、議員さんたちおかしいでしょ!」「桜より、こっちの方が一般国民にとっては大問題だよ!」「国民の自己負担額を上げる前に、お前ら医療費払えよな」「国民にばかり押し付けるのではなく、国会議員が自ら変えて行かないとダメですね」「若狭さんの話もっと聞きたいんだけど!」と怒りの声があがっている。

Techinsight

「若狭勝」をもっと詳しく

「若狭勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ