郷田真隆九段が佐々木大地五段に勝利 午後7時から本戦出場かけもう一局/将棋・朝日杯二次予選

12月5日(木)11時36分 AbemaTIMES

 将棋の朝日杯将棋オープン戦の二次予選が12月5日に行われ、郷田真隆九段(48)が佐々木大地五段(24)に、101手で勝利した。郷田九段は、本戦出場をかけて午後7時から、もう一局を行う。

 来年でプロ丸30年となる郷田九段は、若手のホープ佐々木五段と矢倉模様の出だしから戦い始めると、激しい攻め合いの中で、佐々木玉の寄せに成功。地力を見せつけた。

 郷田九段は、佐藤康光九段(50)と野月浩貴八段(46)の勝者と、午後7時から本戦出場をかけて対戦する。

◆朝日杯将棋オープン戦 持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。2017年度、2018年度と藤井聡太七段(17)が2連覇している棋戦としても知られている。
AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶映像:朝日杯二次予選 郷田九段−佐々木大五段

▶中継:竜王戦 七番勝負 第五局 1日目 広瀬章人竜王 対 豊島将之名人 12月6日(金)8:30〜

AbemaTIMES

「将棋」をもっと詳しく

「将棋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ