M-1グランプリ2019決勝進出9組が決定 ラストイヤーのかまいたち「優勝して終われたら」

12月5日(木)11時50分 AbemaTIMES

 漫才日本一を決める「M-1グランプリ2019」の準決勝が12月4日に都内で行われ、決勝に進出する9組が決定した。

 今年は、プロとアマ合わせ史上最多となる5040組がエントリーした。決勝に進出した9組のうち、見取り図とかまいたち以外の7組が決勝初出場とフレッシュな顔ぶれに。審査員はオール巨人上沼恵美子立川志らく富澤たけし(サンドウィッチマン)、塙宣之(ナイツ)、中川家・礼二、そして松本人志(ダウンタウン)が務める。今年「M-1」ラストイヤーになる、かまいたちの浜家隆一は「優勝して終われたら」と意気込んだ。

 3年連続準優勝の和牛をはじめ、ミキ、カミナリなど、決勝進出が有力視されていたコンビやトリオが準決勝敗退と、波乱の展開に。決勝当日に行われる、敗者復活戦にも注目だ。

■「M-1グランプリ2019」決勝進出コンビ
からし蓮根 / ミルクボーイ / ぺこぱ / オズワルド / すゑひろがり / ニューヨーク / インディアンス / 見取り図 / かまいたち
(AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

▶︎映像:和牛・ミキらは敗者復活戦へ

AbemaTIMES

「M-1グランプリ」をもっと詳しく

「M-1グランプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ