「スカーレット」丸熊陶業新社長役の本田大輔について視聴者が驚いた2つの点!

12月5日(木)5時58分 アサ芸プラス

 連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)で丸熊陶業新社長・熊谷敏春を演じている本田大輔に驚きの声があがっているようだ。

 ドラマでは先代の社長が急逝したことで事業を受け継ぎ、戸田恵梨香演じるヒロイン・喜美子の絵付け師としての腕を最初に買った先見の明がある役どころだ。そんな本田がどうして驚かれているのか。

「実は本田は、俳優の本田博太郎の長男なんです。本田という苗字がよくあること、小柄な父親に対し長身であること、顔がソックリというわけではないことなどから、2人の親子関係を知って驚く人がいるようです。また昨年7月期に放送され、平成30年度文化庁芸術祭(テレビ・ドラマ部門)大賞、第35回ATP賞テレビグランプリドラマ部門最優秀賞およびグランプリを受賞した「透明なゆりかご」(NHK)第9話で、結婚した妻の連れ子の娘にこっそり性的暴力をふるっていた卑劣な義父を好演していたのが本田だったことを知った人から、『あのくそオヤジを演じてたのが敏春さんだったとは!』『敏春さんの笑顔がステキだな〜と思ってググったら、透明なゆりかごで殺意を感じた義父を演じていたと知ってビックリ』などと驚かれているようです」(テレビ誌ライター)

 じわじわと注目度を上げている本田。大島優子演じる妻・照子との夫婦関係にも注目だ。

アサ芸プラス

「スカーレット」をもっと詳しく

「スカーレット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ