淳が動いた!ロンブー会社設立に見え隠れする吉本興業「独立への道」

12月5日(木)7時15分 アサジョ

 ロンドンブーツ1号2号田村淳が、12月2日にツイッターを更新。闇営業問題で活動を自粛している相方・田村亮と、新たに会社「LONDONBOOTS」を設立したことが明らかになった。

「ツイッターでは、今回の闇営業問題への謝罪に始まり、会社の代表取締役に淳が就任したことも記されています。亮と何度も話し合い『今後の人生で再び芸能活動をしたい』という本人の意思を受けて、『いつの日か芸能活動再開が許された時に初めて動き出す会社』と説明。会社と吉本興業が専属エージェントを結ぶ、つまり田村亮と吉本興業をつなぐための会社というわけです」(スポーツ紙記者)

 さらに2日に配信された芸能ジャーナリスト中西正男氏のインタビューにも答え、新たな事実も発覚している。

「会見を行った後、亮は気持ちのアップダウンが激しく、淳にうながされ病院に行き診察の結果『適応障害』であることが発覚。その後、亮はひとり旅で屋久島を訪れ、一週間ほど滞在していたことも明らかになりました」(前出・スポーツ紙記者)

 しかし今回の会社設立は、亮だけでなく淳にも大きな変化をもたらすと見る向きがある。

「淳は会社設立と共に、YouTubeチャンネル『LONBOOch(ロンブーチャンネル)』を開設。11月30日のツイッターでは、『初心者ではありますが、自己表現の幅を増やしたい!自分のペースでしっかりとYouTubeにも向き合っていきます』と思いを語っています。YouTubeは、亮の復帰へ向けて手助けになるのは勿論ですが、淳自身も新たに進むべき道を模索しているのかもしれません。とにかく、この動きを受けて、淳の評判は急上昇していますね」(放送作家)

 一時はツイッターなどでも政治的な発言も行い、政界進出も噂された淳だが、闇営業問題がきっかけで、心境にも変化が訪れていると、前出の放送作家は続ける。

「元々髪の毛を真っ赤に染め、エッジの効いたキャラが売りだった淳ですが、司会業が増えるに従ってすっかり影を潜めてしまいました。ところが、今回の問題がきっかけで亮と会社を設立。YouTuberとして新たな挑戦をすることで、昔のキャラが蘇りつつあるのかも」

 さらに今後は、吉本興業との関係にも変化が起こりうる、と考える声もある。

「淳は新会社を“吉本興業とつなげる橋”と位置づけていますが、YouTuberとして成功を収めれば、吉本との専属エージェント契約すら必要なくなるかもしれません。そういったことも、いずれは視野に入ってくるはずです」(夕刊紙デスク)

 今年、日本中を騒がせた闇営業問題。解散の危機に追い込まれたロンブーの二人だが、もしかしたら大きなチャンスを手に入れようとしているのかもしれない。

(窪田史朗)

アサジョ

「設立」をもっと詳しく

「設立」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ