『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』予告編、ラミ・マレック扮する悪役も登場

12月5日(木)11時56分 映画ランドNEWS

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開日が2020年4月10日(金)に決定。予告編映像が全世界一斉解禁となった。


007/ノー・タイム・トゥ・ダイ


現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していたジェームズ・ボンド。だが、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。 誘拐された科学者を救出するという任務は、脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになる。


前作から引き続きジェームズ・ボンド役を務めるダニエル・クレイグ。レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、レイフ・ファインズらシリーズ続投の出演者に加え、『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として参戦する。監督をキャリー・フクナガが務める。


007/ノー・タイム・トゥ・ダイ


「初の金髪ジェームズ・ボンド」としてキャスティングされたダニエル・クレイグ。本作は、彼にとって5作目であり「最後のボンド」になるかもしれないと海外で報道されている中、解禁された予告映像には、ラミ・マレック演じるシリーズ史上一番“ヤバい”敵の姿が。口元だけあらわになった不気味なマスクをかぶりボンドと対峙する新生ヴィランのキャラクターを想像させる一幕も。


ストーリーでは、ボンドとマドレーヌ(レア・セドゥ)との疑惑の会話にも注目が集まる。一方、ラシャーナ・リンチが演じる2年前から殺しのライセンスを持つ、00(ダブルオー)のコードネームの女性エージェントが新たに登場し、期待が高まる予告編に仕上がっている。



映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年4月10日(金)より全国公開


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「007」をもっと詳しく

「007」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ