松本まりか、『ドクターX』で新“失敗しない女”に 大門未知子と激突

12月5日(木)6時30分 クランクイン!

 女優の米倉涼子が主演を務めるドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第8話(12月5日放送)に、女優の松本まりかがゲスト出演することが発表された。“失敗しないプリンセス”と称された優秀な外科医役で、大門(米倉)と激突する。 本作は、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医・大門未知子(米倉)が、病院組織の中で数々の騒動を巻き起こしながらも、手術や治療を成し遂げるため一切の妥協を許さず突き進む姿を描く医療ドラマ。

 松本が演じる“失敗しないプリンセス”中山麻里亜は、華麗な経歴に加え、元ミス東帝大という抜群のビジュアルで、東帝大学病院外科医局に来るなり、男性医師たちをとりこにしていく。しかし未知子だけは麻里亜の実力に懐疑的。しかも執刀しようとしていた手術を麻里亜に横取りされ、「三度の飯より手術好き」の未知子は憤慨するのだった。そんな中、東帝大学病院に次期総理大臣候補と言われる政界のプリンスが入院。彼の治療方針を巡って、未知子と麻里亜は対立し…!?

 「第1シリーズからノンストップで一気見するほど、『ドクターX』にゾッコン」という松本。「ここまで根強い人気を博し、作り上げてきた『ドクターX』の秩序を登場からかき乱すような役を私に託して下さった事に恐れおののいたと同時に、この役をやれる事にとても興奮しましたし、演じ終えた後では、今後この仕事をする上で、ちょっとやそっとの事では動じなくなるぐらい、度胸と肝が座りました」と話す。

 撮影現場では「ラストシーンの麻里亜の台詞がまたとんでもないのですが、米倉さんが、『このシリーズ7年やってきたけど初めて、負けたーーーっ!!!』っておっしゃったこと」が印象に残ってるといい、「もちろん冗談でおっしゃったのですが、現場が笑いに包まれ、“秩序を乱すイケナイ子”を演じ続けた私にとって、救いの言葉でした」と明かす。

 また蛭間重勝病院長役の西田敏行とは、中学生の時にNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』で西田の娘役を演じて以来、19年ぶりの共演。「私がどう動こうが、面白く膨らませてアドリブを連発される西田さんが、緊張しながらもたまらなく刺激的でした!」と撮影を振り返った。

 ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第8話は、テレビ朝日系にて12月5日21時放送。

クランクイン!

「大門未知子」をもっと詳しく

「大門未知子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ