木南晴夏・岡田義徳・渡辺大・泉谷しげるら『悪魔の手毬唄』に出演

12月5日(木)12時0分 マイナビニュース

女優の木南晴夏らが、フジテレビ系スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄〜金田一耕助、ふたたび〜』(21日21:15〜23:25)に出演する。

NEWSの加藤シゲアキが、昨年放送の『犬神家の一族』に続き、再び名探偵・金田一耕助を演じる今作。木南は、金田一耕助が身を寄せる温泉宿「亀の湯」の仲居・お幹を演じる。

根っから明るい性格で、亀の湯のおかみ・青池リカ(寺島しのぶ)や、リカの息子の歌名雄(小瀧望)、娘の里子(大野いと)とも良好な関係を築いているお幹。話し上手で交友関係の広いお幹は村の人間関係を熟知しているため、金田一は、そんな彼女から20年前に起きた凄惨(せいさん)な殺人事件のことや、仁礼家と由良家の対立のことなど、事件のヒントとなる情報を入手していく。

ほかにも、惨劇の幕を開くきっかけを作ってしまう国民的スター歌手・大空ゆかり(中条あやみ)のマネジャー・日下部是哉役で岡田義徳。20年前に起きた惨劇により命を落としてしまう青池源治郎役で渡辺大。源治郎の検視に当たった村の医師・本多役で泉谷しげる。鬼首村の庄屋で道楽三昧な老人・多々羅放庵役で石橋蓮司。そして、村に伝わる“手毬唄”の歌詞を知る数少ない老人・由良五百子役で中尾ミエが出演する。

金城綾香プロデューサーは「おどろおどろしい金田一耕助の物語の中で、多彩な俳優陣が魅せる演技合戦もぜひ楽しみにしてください。木南さん演じる愛らしい仲居・お幹に癒やされ、岡田さん演じる日下部マネジャーにピリリとし、渡辺さん演じる源治郎に仰天し、泉谷さん演じる豪快な本多医師に大いに笑い、中尾ミエさんの手毬唄に固唾(かたず)を飲んで、石橋蓮司さん演じる放庵にゾクゾクしていただきたいです」と語っている。

マイナビニュース

「木南晴夏」をもっと詳しく

「木南晴夏」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ