新婚安藤なつ、左手に指輪なし「サイズがなくて…」

12月5日(木)11時24分 日刊スポーツ

「こうしたかった~!」と指輪のない左手を笑顔で見せる安藤なつ

写真を拡大


お笑いコンビ、メイプル超合金カズレーザー(35)と安藤なつ(38)が5日、都内で、佐賀県の陶器イベント「“おみみあい”〜あなたの耳と陶片ピアスをマッチング〜」オープニングイベントに出席した。
安藤は先月22日、一般男性との結婚をブログで発表。結婚後初となる取材に応じた。
相手の男性は介護関係の仕事をする6歳年下の一般男性で、「相方よりも細い」と説明した。約3カ月前に出会った。そこにはスピードワゴン井戸田潤(46)の迷アドバイスがあったという。「俺らがおっぱいを好きなのと変わらないから、別にぽっちゃりが好きな人のところに行ってもいいじゃん」の言葉に背中を押された。ぽっちゃり好きが集まる会に出席し、彼と出会った。
出会った当初は1日5、6時間、電話で話したと言う。「耳心地がよかった」とし、初めてのデートで「結婚するかもしれないと思った」ことを明かした。プロポーズは露天風呂だった。「部屋の露天風呂に一緒に入って『一緒にいよう』と言われました」。
指輪はまだない。「サイズがなくて、何カ月かかかるみたいです。男の人の親指くらいなので」と話し、「こうしたかった〜!」と指輪のない左手を披露した。
結婚の実感はない。「一緒に住んでいないし、指輪もないし、本当にいるのかなと。感覚がない」という安藤にカズレーザーは「肝臓の病気と一緒じゃないですか!」と突っ込み会場を笑わせた。
相方への報告は1カ月ほど前だった。安藤が「楽屋で結婚すると言ったら、携帯見ながら『おっめでとうございま〜す』って、ものすごく軽く言われました」。これにカズレーザーは「おめでとうございますは言いましたからね! 批判される筋合いはないですから!」と抗議した。
イベントでは、MCから結婚を祝福された安藤は「ありがとうございます」と笑顔で返答。コメントを求められたカズレーザーは「もうばれてるんですね」ととぼけた後、「令和の奇跡と言っても過言ではない。サッカーでブラジル代表を倒したのと同じ。大逆転ですよ」と話した。
焼き物が盛んな佐賀県が、若者へのPRとして陶器のかけらを使ったピアスを制作。耳にあった一点物をマッチングしてくれるイベントを期間限定で開催する。マッチングを体験した安藤に合うのはペンタゴン(五角形)。選んだピアスを実際に着けると「かわいい!」と笑顔を浮かべ、「陶器みたい」と感想を話し会場を笑わせた。この日、モデルのNikiも登壇した。

日刊スポーツ

「安藤なつ」をもっと詳しく

「安藤なつ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ