クロちゃん不満訴え…行き過ぎた言動で一部カット

12月5日(木)11時27分 日刊スポーツ

安田大サーカス・クロちゃん(2019年6月17日撮影)

写真を拡大


お笑いトリオ、安田大サーカスクロちゃん(42)が、TBS系「水曜日のダウンタウン」で自身の発言が一部カットされたことについて、「なんなのぉー」と不満を訴えた。
同番組では、クロちゃんが女性アイドルグループをプロデュースする企画「モンスターアイドル」を実施中。4日の放送では、1人の候補生にスパイ行為を依頼し、そこから得た裏情報をもとに別の候補生1人を問い詰め、ほかの候補生たちも泣き崩れる“地獄絵図”のシーンが放送された。
その際、「このあとクロちゃんの行き過ぎた言動があったため一部シーンをカットしてお送りします」とテロップでは表示され、ネット上では「水ダウでカットするとかよっぽどだったんだな」「行き過ぎた言動でのカットはマジでやばい…使えなくなるの覚悟で言ってたのかね」「この番組でカットとか相当な禁止用語使ったんやろな」などといった声が相次いだ。
クロちゃんはツイッターで「カットになったとか、なんなのぉー」と悲鳴。「もしも、万が一、モンスターアイドルがDVDになる事があったなら、カットのシーンを特典映像で入れて欲しい」と訴えた。
また、候補生の1人、ハナエモンスターは「私が沖縄で体験した地獄絵図はつらかったけど、テレビで客観的にも見てみたかったです。カット…。皆にみてもらいたいすごいシーンがあったんだよっ」とツイートした。
同番組ディレクターの藤井健太郎氏はツイッターで「僕と渡辺さんが現場で企画の成功を確信した『地獄絵図』は地上波の許容範囲からはみ出していたようです…。残念」と説明。「大幅カットを含む今回はもちろん『モンスターアイドル』は第2話以降一度もベストな状態でOAに至れておりません。出演者の皆様や協力していただいた方々、そして楽しみにしてくれている視聴者の皆様に対しては大変申し訳なく思っております……が、何とぞ最終回までお付き合いのほどよろしくお願い致します」とした。

日刊スポーツ

「クロちゃん」をもっと詳しく

「クロちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ