羽鳥慎一アナ 昭恵夫人の公邸撮影、「桜を見る会」招待者に「公私の区別があいまい」

12月5日(木)10時48分 スポーツニッポン

羽鳥慎一アナ

写真を拡大

 羽鳥慎一アナウンサー(48)が5日、司会を務めるテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜前8・00)に出演。公費による安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐり、首相の昭恵夫人の推薦で招待状を受け取っていた人数が13年から今年までの7年間で少なくとも143人だったことに言及した。

 共産党の清水忠史衆院議員によると、招待されていたのは昭恵夫人が校長を務める講座型スクール「UZUの学校」の関係者、企画したスキーイベントの参加者、農業や酒造の仲間ら。“アッキー枠”での招待者について「ホテルニューオータニでの夕食会とは別会場で食事会があった」と“アッキー前夜祭”の存在も指摘した。また、昭恵夫人と親交があるミュージシャンが、15年4月の会に招かれていたことも分かった。ミュージシャンは自身のSNSに「久しぶりに首相公邸にお邪魔してきました」と、公邸とみられる場所で昭恵夫人との2ショット写真も投稿している。野党は、「私人」の昭恵氏が私的な交友関係で招待していたことなどを問題視し追及を強めている。

 羽鳥アナは「公邸での撮影、桜を見る会の招待基準などを見ると、公私の区別があいまいなのかなという気がする」と指摘した。

スポーツニッポン

「羽鳥慎一」をもっと詳しく

「羽鳥慎一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ