立派なハラスメント!? ハリセンボン箕輪を泣かせた博多華丸に非難轟々

12月6日(金)5時59分 アサ芸プラス

 ハリセンボン箕輪はるかが12日1日に放送されたバラエティ番組「博多華丸のもらい酒みなと2」(テレビ東京系)に出演。レギュラー出演者である博多華丸大吉の博多華丸からの言葉に涙してしまう場面が見られた。

 同番組は、華丸がゲストとご飯やお酒を酌み交わしながら語り合うトーク番組で、この日は箕輪と近藤春菜がコンビで登場。

 箕輪は1人ノンアルコールで番組に参加していたが、お酒を飲んでいる華丸はだんだんと酔いが進み、箕輪への風当たりが強くなっていく様子が顕著に出ていた。

 ハリセンボンは売れていると絶賛しながらも、箕輪に対しては「問題ははるかやな」「別に満足してそうだしな。もうないやろ野心も」と指摘。箕輪は華丸の迫力に押され、「そうですね」と答えるのが精いっぱいな様子だったが、華丸はお構いなしに「十分じゃないよ。生きるんだからなんかしないと。しなさすぎなんよ、生きてるくせに」「なんかやりなさいよ。なんか1個」と辛辣な言葉を浴びせたのだ。

「すると、箕輪が徐々に涙目になってきたため、その様子を察した近藤が箕輪の趣味の音楽の話に話題を変えたり、華丸に対して『結構酔いが回ってる』とフォローに徹したのですが、説教じみたアドバイスは続き、終いには『キラキラした目しやがって、いっちょ前に! 目は生きてる。コメントは死んでるのに』ととどめの一撃を浴びせ、ついに箕輪は号泣してしまったんです」(テレビウオッチャー)

 ただ、華丸には自分が泣かせたという自覚がなかったようで「え、俺!? ウソだ! ウソでしょ?」と崩れ落ちていたのだが、このやりとりを見ていた視聴者からは「これは華丸さんが言いすぎでしょ」「何が『ウソだ』だよ。華丸うぜえ〜」「しらふなのに酔っ払いの先輩からここまで言われたら泣くだろ」「はるかが何も頑張ってないみたいな言い方はさすがにひどすぎ」など批判が殺到した。

「トークの大部分は華丸と近藤がメインで、箕輪だけが置いてけぼりになってしまっている状態が続いていましたが、いざ、やっと箕輪に話を振ったと思えばほぼ説教ですから、箕輪が委縮してしまうのも無理はありませんよ。華丸は近藤が頑張っているから箕輪も何か1つ頑張れということを伝えたかったようですが、その姿はただの酔っ払いで、終始威圧的な態度でしたから、観ている側としては不快に感じるやりとりになっていました」(エンタメ誌ライター)

 箕輪は泣いてしまったことで華丸を複雑な心境にしてしまったことを謝罪していたが、間違いなく今回の収録でお酒が入った華丸に苦手意識を抱いたことだろう。

(権田力也)

アサ芸プラス

「博多華丸」をもっと詳しく

「博多華丸」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ