【おすすめランチ】手作り点心と四川料理の新感覚コースを恵比寿で〜李白

12月6日(月)10時0分 婦人公論.jp


手前右から時計回りに、蒸し点心(鳳凰の目を模した蝦蒸し餃子、豚肉とじゃがいもの焼売)、皿には揚げ点心(アボカドマヨネーズソースをかけた揚げエビワンタン)と焼き点心(カレー風味の焼生煎包)、そしてスープ餃子。料理はすべて飲茶コースから。同店は、オーナーシェフの佐藤剛さんの指揮の下、木村侑史料理長、点心師・木村葵さんの3人体制。点心は「龍天門」出身の点心師・葵さんの担当

飲茶に点心、餃子とバラエティ豊かなコースが人気


緑鮮やかなほうれん草に載せた真っ赤な唐辛子も愛らしい、鳳凰の目をかたどった蝦蒸し餃子。一方の蒸籠には、カリカリに揚げた千切りポテトをトッピングした、豚とポテトの焼売がちんまりと鎮座する。そんな、まるでお菓子のような点心を楽しませてくれるのがここ恵比寿「李白」。今年の9月にオープンしたばかりの注目店だ。
夜は四川料理と飲茶を融合させたオリジナルコースが話題だが、ランチには人気の飲茶をメインにしたコースを用意。先の蒸し点心のほか、エビワンタンや焼き生煎包などの点心が2種、そして自慢の“スープ餃子”と、バラエティ豊かな内容だ。
このスープ餃子も四川と広東のコラボメニュー。餃子の具に鶏肉やフカヒレが入った餃子自体は広東風の仕立てながら、ベースのスープには四川の高湯(ガオタン)を使用。高湯とは、鴨の手羽や豚スネに金華ハム、干し貝柱などでとる高級スープのことで、広東の上湯を思わせる金華ハムの熟れた塩味と旨みは感じさせつつも、よりどっしりとして複雑な味わいが印象的だ。

そして、締めくくりにはぜひ担々麺を。麻布十番の名店「飄香」出身のシェフの実力のほどがうかがえる逸品だ。

ーーーーー

李白 RIHAKU




●東京都渋谷区恵比寿3-30-12 Mercury EBISU 1F
電話03・6721・9210 11:30〜14:00(L.O.)、18:00〜20:30(L.O.)、水曜休 18席 個室(6名まで)1室
●昼/飲茶コース3800円、料理コース5500円のほかクイックランチ2000円も 夜/李白コース1万円
●アクセス/JR山手線、埼京線恵比寿駅東口より徒歩10分。恵比寿スカイウォークを抜け恵比寿ガーデンプレイス手前を左折し直進。ヱビスビール記念館の角を右折し30mほど先、左手にあるコインパーキングの角を左折した奥

ーーーーー

婦人公論.jp

「手作り」をもっと詳しく

「手作り」のニュース

「手作り」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ