M-1酷評コンビ「漫才師としては半分死んだ」

12月6日(水)7時50分 ナリナリドットコム

先日行われた「M-1グランプリ2017」決勝で、ファイナリスト10組のうち最下位だったお笑いコンビ・マヂカルラブリーが、12月4日に配信された、キングコング・西野亮廣がホストを務めるネット番組「豪華芸能人の24時間プライベート生配信 年末特別編!」(SHOWROOM)に出演。当日“酷評”されたことを振り返った。

マヂカルラブリーはこの日、「M-1グランプリ」決勝は「派手目な公開処刑だった」と告白。西野は大笑いし、「ネタを見たけど面白かったのに、なんで?」と聞くと、いつも通りのネタをやったが、ネタ後は審査員が真顔になっていたと説明した。

そして審査員の上沼恵美子にコメントを振ると、「好みじゃない」と真顔で一蹴。その後、追い詰められたマヂカルラブリーは洋服を脱ぎ出すという破天荒な行動に出ると、会場全体がさらなる真顔に包まれたという一連の出来事を報告した。

同コンビの野田クリスタルは、この状況を「漫才師としては半分死んだ」と自虐的に話し、笑いを誘った。

その後、「M-1」経験者の西野は「結果論を言われるのが1番困る!」と「M-1あるある」を話し、3人で大盛り上がり。最後は「今回、爪跡を残せたから来年も再来年も出る!」と意気込んだマヂカルラブリーだったが、もうネタのストックがないとも語っていた。

ナリナリドットコム

「マヂカルラブリー」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

トピックス

BIGLOBE
トップへ