話題のアニメ・マンガのスピンオフソングで魅せるシンガーソングライター"珀"、オリジナル曲の配信スタート!

12月6日(月)10時42分 Rooftop


シンガーソングライター“珀”が、リスナーから配信を望まれ続けたオリジナル曲『片道旅行記』を、YouTube投稿から約半年の期間を経て12月06日(月)に配信リリースした。

2020年12⽉よりYouTubeにて音楽活動を開始した“珀”は、アニメ・マンガのキャラクターの新解釈をコンセプトに作詞・作曲・編曲・歌唱までを1人で担うシンガーソングライター。

そんな彼女の武器と言えるのが「妄想構成力」と「憂いに寄り添う琥珀色の歌声」。アニメ・マンガのキャラクターからインスパイアを受け、独自の新解釈を楽曲のメロや展開、細かいアレンジに巧みなまでに昇華させるそのセンスは、『まるで原作のスピンオフを味わっているみたい…』と定評。それを届ける歌声も、キャラクターの感情の機微を繊細なまでに、けれども芯の通った様を表現することに一役買っており、楽曲全体を耳心地好く仕上げている。

今回リリースされる『片道旅行記』は、「日本一慈しい鬼退治」のキャッチコピーで親しまれ、世界中で大ヒットした某少年マンガにインスパイアされ生まれた楽曲。作中に登場する哀しき宿命を背負わされた兄弟の、憂い愛が紡ぐ軌跡を描いている。

珀コメント  

初めてのリリースということで、自分にとって凄く思い入れのある楽曲を選びました。聞く方によって様々な考察が出来る歌詞になっていますので、原作ファンの方もそうでない方も楽しんでいただけると思います!是非、聞いていただけると嬉しいです!


Rooftop

「シンガーソングライター」をもっと詳しく

「シンガーソングライター」のニュース

「シンガーソングライター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ