ヘンリー・カヴィル、Netflixシリーズ「ウィッチャー」で激しいスタントを行ったことを激白!現場にはなんと本物の剣も・・

12月6日(金)22時28分 tvgroove

ヘンリー・カヴィル

人気俳優のヘンリー・カヴィルが、アメリカのABCテレビで放映されているトーク・ライブ番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に登場し、Netflixドラマシリーズ「ウィッチャー」で自らスタントを行ったことを語った。

ヘンリーが登場すると、司会のジミーは「フェイクの筋肉スーツをつけているみたいだな」とコメント。ジミーがスーツを触って「本物だね」と確かめると会場からは笑いが起こった。

話題はヘンリーの最新作のドラマシリーズ「ウィッチャー(原題:The Witcher)」に。本作は、人気RPG「ウィッチャー」シリーズの原作小説をドラマ化したもの。ヘンリーが演じるのは、超人的な力を秘めた"ウィッチャー”のゲラルト。ハンターとして怪物退治を行うアドベンチャー作品だ。

ジミーがヘンリーに対し「本物の剣を使ったの?」と質問。そして「現場には本物もあった」と告白したヘンリー。さらに、スタントマンを使ったかという質問には「自分が出来るところまではすべて自分でこなしたよ」と撮影時を振り返った。さらに「アクションシーンの中にも、そのキャラクターを生かすことが重要だった」と理由についても語った。出来る限り自分でアクションシーンをこなすことで、より演技が活きるということも熱く語ったヘンリー。彼のアクションシーンは必見だ。

『ウィッチャー』予告編

ヘンリーは同番組でほかにも、代表作の『スーパーマン』のことや、フットボールの大ファンだということ、そして自身の兄弟のことについてもトークしている。

『ウィッチャー』は、12月20日よりNetflixにて配信スタート。

tvgroove

「Netflix」をもっと詳しく

「Netflix」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ