アサ芸名物「裏流行語大賞2019」(1)沢尻エリカをはじめ薬物芸能人が大量検挙

12月7日(土)17時57分 アサ芸プラス

 日本初開催のラグビーW杯で日本代表のベスト8入りに日本中が快哉を叫んだ。その一方で、芸能界では薬物有名人が続々逮捕、お笑い芸人は闇営業で反社と交流。さらにはあおり運転に老後2000万円問題など、見過ごせない騒動が噴出した。内閣府大型シュレッダーでも裁断できないアサ芸恒例「裏流行語大賞」で2019年を裏の裏まで総まくり!

 今年の「裏流行語」は、芸能、政治、スポーツなど5分野から選出した。放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏が黒々としたノミネート語にうれしい悲鳴を上げる。

「今年もギリギリまで粘っただけあって、最後に『シュレッダー待ち』とか、MDMA逮捕の沢尻エリカ(33)とかが間に合ったね。他にも原田龍二(49)や、あおり運転など、本家にはゼッタイ入らない黒い流行語がいっぱいで、もうワクワクしますよ」

 今年の芸能界は、3月に覚醒剤で逮捕されたピエール瀧(52)に始まり、元KAT-TUN田口淳之介(34)、スノボ・國母和宏(31)、田代まさし(63)と、台風のごとく薬物芸能人が次々と御用。大トリの沢尻もお縄となり、大河ドラマ「麒麟がくる」が代役撮り直しとなる大騒動へと発展した。

 放送作家の山田美保子氏が断罪する。

「取り調べで『私も危ないのではと注意していた』と供述しているようですが、そこは注意ではなく、やめないといけないと思うんですが‥‥。元カレのデザイナーも続けて捕まりましたが、一緒にパーティーで遊んでいた怪しい『夜友』人脈が気になります」

 ミュージシャンの掟ポルシェ氏は擁護派だ。

「ビートルズやセックス・ピストルズに憧れた世代からすれば『LSD、コカイン、大麻もやった』と言うように、いろんなドラッグを試してみたい気持ちを推察できます。それに、より中毒性の高い覚醒剤やヘロインには手をつけていないところは、薬物ジャンキーから言わせれば上品な部類なんだそうです」

 大仕事をフイにしてまでクスリ絶ちできなかったことに、お笑い芸人のユリオカ超特Q氏は首をかしげる。

「沢尻さんは大河の撮影前に『女優としての集大成を見せる』と語っていた。もしかしてMDMAだけでなく、大麻、コカイン、LSDと薬物フルコースだったことが集大成だったのかもしれない‥‥」

 続いて、芸能人と反社が直結していたことが明らかになったのが吉本興業の闇営業騒動だ。岡本昭彦社長(52)は、謝罪会見で芸人らに放った「テープ回してないやろな」発言は冗談のつもりだったと弁明した。

「言われた宮迫さんらにはまったく笑えないギャグだったが、その後、お笑い界では新しいツッコミ文句として有効に活用されています」(ユリQ氏)

 5時間半にも及ぶグダグダ会見は、途中退席する記者が相次いだほど。

「ふだんはコテコテの関西弁の岡本社長が標準語でしゃべっているだけで、私はおもしろかったんですけどね。闇営業関連では、明石家さんまさんが宮迫さんを激励した『みんなで一緒にオフホワイトからブラックに。そして白紙に戻った男を囲む会』がうまいっと思いました」(山田氏)

 全ては昨年の不倫騒動をオフホワイトとケムに巻いたツケか。

アサ芸プラス

「芸能人」をもっと詳しく

「芸能人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ