宮野真守、小野賢章ら『スパイダーマン:スパイダーバース』吹き替え!

12月7日(金)7時0分 クランクイン!

(左から)悠木碧、宮野真守、小野賢章

写真を拡大

 人気シリーズ『スパイダーマン』のCGアニメによる最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本語吹き替え版キャストとして、主人公の新生スパイダーマンの中学生役に小野賢章、その師匠であるピーター・パーカー役に宮野真守、女性スパイダーマンのスパイダーグウェン(グウェン・ステイシー)役に悠木碧が決定。宮野は「あのピーター・パーカーを演じる日が来るなんて思っても見なかったので、すごく驚きましたし、とても光栄です」とコメントしている。 本作は、ニューヨーク・ブルックリンの名門私立校に通う中学生マイルス・モラレスが、長年スパイダーマンとして活躍するピーターを師とし、さまざまな壁にぶつかりながら新生スパイダーマンとして成長していく姿を描く。

 新生スパイダーマンのマイルス役に決まった小野は、吹き替えでマーベルヒーローになるのが夢だったといい、「マーベルの中でもスパイダーマンが好きなのですが、日本にもスパイダーマンファンが沢山いると思います。そう思うと…嬉しい感情の後は物凄いプレッシャーが押し寄せてきました」とコメント。声優界でも先輩の宮野については「いつも面白いしカッコいい、僕にとってはお兄さん的存在」と話し、「パーカーをどういう風に演じられているのかとても楽しみにしています」。残念ながら一緒に収録できなかったが、「宮野さんならこういう風に演じるかなと想像しながら楽しく収録させていただきました」という。

 その宮野は「あのピーター・パーカーを演じる日が来るなんて思っても見なかったので、すごく驚きましたし、とても光栄です。しかしながら、みなさんのよく知るピーターとは、ちょっと雰囲気が違うかもしれないのです…」。主人公マイルスの師匠という役どころに「ついに僕も、こんな大人の役をやるようになったのかと…」と感慨深げな様子だった。

 グウェン役の悠木は「いつか子供が生まれたら『お母さん、本当はスパイダーグウェンなんだ』と真実を明かしたいと思います」と話し、スパイダーマンの魅力を「赤と青の全身タイツなのにかっこいいとか反則じゃないですか? はぁ、好き。足首が特に好きです。グウェンはフードがだいぶ好きです」としている。

 映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は2019年3月8日より全国公開。

クランクイン!

「スパイダーマン」をもっと詳しく

「スパイダーマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ