真野恵里菜、紆余曲折の主演映画公開に涙「ようやくこの日を迎えられた」

12月7日(金)21時19分 クランクイン!

『青の帰り道』初日舞台挨拶に登壇した真野恵里菜 クランクイン!

写真を拡大

 女優の真野恵里菜が7日、都内で行われた映画『青の帰り道』初日舞台挨拶に出席。キャストの交代や撮影中断などを経てようやく公開にたどり着いた本作に「スタッフさんやキャストの各事務所さんの協力でようやくこの日が迎えられました」と涙を流しながら喜びを口にした。当日は、真野のほか森永悠希、秋月三佳、戸塚純貴、冨田佳輔、藤井道人監督も出席した。 本作は、東京近郊に住む7人の若者たちが、試行錯誤しながら自分たちの人生に向き合っていく姿を描いた青春群像劇。前述したように、ようやく公開日を迎えられたことに感無量な表情を浮かべた真野は、急きょキャストに加わった戸塚に対しても「相当なプレッシャーがあったと思いますが、そんなことも感じさせないぐらいしっかり着いてきてくれた」と主演として労をねぎらった。

 さらに仕事の関係で出席できずビデオメッセージを届けた横浜流星と清水くるみを含めた共演者にも感謝の意を述べ、「作品から離れてそれぞれが違う場所に行ったのですが、また集まったときしっかりみんなで力を発揮できた。私もやり切った感があります」とあらためてこの作品に全てを捧げられたことを強調した。

 そんな真野の姿に藤井監督も「みんなが主演の真野さんにしっかりとついていってくれていました。俳優部の人たちが互いに尊敬し合っている、とても敬意に満ちあふれた現場でした。だからこそ、僕らも俳優たちと意見を言い合えた」と称賛を送った。

 最後まで目を潤ませていた真野は、客席に向かって「この映画を選んでくださって本当にうれしいです。観終わったあと、引っかかったり、納得いかない部分もあるかもしれません。でもきっと何かを感じる作品になっています」とアピールしつつも「作品が(自分たちの手から)離れるのは寂しい」とまたもや涙。それでも「人生には可能性があります。いつからでもやれることがある」と作品に込めた思いを語っていた。

 映画『青の帰り道』は公開中。

クランクイン!

「真野恵里菜」をもっと詳しく

「真野恵里菜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ