広瀬すず、グサッときた一言を明かす「『意外と小さいんだね』って」

12月7日(土)13時45分 マイナビニュース

女優の広瀬すずが6日、都内で行われた3DCGアニメーション映画『ルパン三世 THE FIRST』の初日舞台挨拶に栗田貫一、小林清志、浪川大輔沢城みゆき山寺宏一、吉田鋼太郎、藤原竜也、メガホンをとった山崎貴監督とともに登壇した。

1971年にTVアニメ化されて以来、老若男女問わず人気を誇る『ルパン三世』。23年ぶりの劇場版となる本作は、VFXの第一人者である山崎貴監督がメガフォンをとり、シリーズ初となるフル3DCGアニメーションでルパンらの活躍を描く。声優を担当するのは、ルパン三世の栗田貫一らレギュラー陣に加え、ゲスト声優として考古学を愛するルパンに恋するニューヒロイン・レティシア役を広瀬、ルパンが狙うお宝“ブレッソン・ダイアリー”を狙う秘密組織の研究者・ランベール役を吉田、ランベールに指示を出す謎の男・ゲラルト役を藤原が担当している。

ルパンの初代声優・山田康雄さんの急逝で1995年公開の映画『ルパン三世 くたばれ! ノストラダムス』からルパン三世の声を担当している栗田は、ルパンの声を担当して今年で24年目となり、山田さんがルパンの声を務めた年数に並んだそうで、改めて24年という年月を振り返っての感想を求められると「山田さんが急に他界をされて、ある日ルパンをやってと言われたんですけど、普段、山田さんのルパンを20秒くらいのものまねはしていたんですけど、1時間50分くらいの作品のルパンをできるわけはないというところから始まって、2日間で収録をしたと思うんですけど、最初の15年間くらいは作品が15本あっても1ヶ月しかルパンをやっていなかったようなもので、右も左もわからない中、始まったルパンなので、僕も覚えていないくらいいっぱいいっぱいでした」としみじみと回顧し、「小林さんをはじめ皆さんが、温かく包んでくださって、それで気がついたら新しいメンバーに加えていただいて、それからなんとなく今のルパンが改革されていったのかなと思います」と語った。

また、本作のヒロインで考古学を愛しルパンに恋するレティシア役を演じた広瀬は、今年、朝ドラ『なつぞら』でアニメーター役を演じ、沢城や山寺とも共演するなど、アニメと縁がある1年となったが「朝ドラの撮影のときは(すでに本作の)声を録っていたので、勝手に"銭形警部だあ"とか"(峰)不二子さんだあ"って思っていました」と目を輝かせ、「でも(本作とは)全然違う表現ですし、山寺さんは2役をその場で声を変えてやるお芝居があって、それに現場が大拍手で、プロの方って"ファー!!"って。すごい刺激的な時間でした」と感嘆。

加えて広瀬は「声のお仕事に関してはど素人でわからないことだらけなので、今だに"ハァ…ッ"ってなっています。チラチラと監督の顔を見ながら、様子を見ながらやっていました」と打ち明けたが、そんな広瀬の声の演技について山崎監督は「広瀬さんにやってもらえたらいいなという感じで作ったキャラクターなので、喋るごとに"レティシアはこういう子なんだ"って逆に教えてもらいました」と舌を巻いた。

さらに、『もしルパンと同じレベルの泥棒スキルを持っていたら何を盗んでみたい?』の質問に広瀬は「最近『意外と小さいんだね』って言われることが多くて"グサーーーッ"ってなるので、身長がほしいです(笑)。あと5cmあったらちょうどいいかなと思います」と吐露し、現在は自身の身長を160cmくらいと言っているそうで「姉(広瀬アリス)のほうが5cmくらい高いので、いいなあって思います」と羨んだ。

マイナビニュース

「広瀬すず」をもっと詳しく

「広瀬すず」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ