SNSで大評判となった爽やかな謎解き青春ミステリ『自由研究には向かない殺人』、デビュー作でいきなり1位獲得の快挙!

12月7日(火)13時0分 Rooftop


イギリスの俊英作家ホリー・ジャクソンのデビュー作『自由研究には向かない殺人』が、 年末ミステリランキング「ミステリが読みたい!」で第1位となった。 2021年8月に日本で出版されて以来、 twitterをはじめとするSNSでの口コミでじわじわと評判になり、 日本最大級の読書コミュニティサイト「読書メーター」で読みたい本ランキング第1位になったほか、 ほかの年末ランキングでも高い順位を獲得。 新人海外作家のデビュー作としては破格の評価が寄せられている。

本書『自由研究には向かない殺人』は、 ひとりの女子高生が自分の住む町で数年前に起きた未解決事件を、 「自由研究」の名目で関係者へのインタビューやSNSを駆使しつつ捜査する……という21世紀ならではのストーリーと、 主人公ピップの快活なキャラクター、 軽快な文体とそれを読みやすい日本語に移し替えた翻訳など数多くの魅力にあふれた、 爽やかな謎解き青春ミステリ。

unnamed-3.jpg

本書は三部作として構想されており、 2022年にはシリーズ第二弾となる続編Good Girl, Bad Bloodが東京創元社より刊行されます。 SNSに加えポッドキャストなども活用して事件の謎解きに挑む、 ピップの新たな冒険をお楽しみに。


Rooftop

「SNS」をもっと詳しく

「SNS」のニュース

「SNS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ