『科捜研の女』若手俳優座談会「異動じゃなくて殉死がいい」

12月7日(木)16時0分 NEWSポストセブン

渡部秀(26才・橋口呂太役)

写真を拡大

 1999年10月から続いているテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』。現在は第17シーズンが放送中だ(毎週木曜夜8時〜・来春まで放送予定)。放送開始から18年、日本のドラマ史上最高齢だ。主人公の榊マリコ(沢口靖子)や土門刑事(内藤剛志)といった、おなじみのメンバーもちろんだが、若手キャストも活躍している。そこで、『科捜研の女』に出演中の若手俳優3人に話を聞いた。


渡部秀(26才・橋口呂太役)

連続テレビ小説『純と愛』(NHK)、映画『進撃の巨人』など出演作多数。


◆山本ひかる(26才・涌田亜美役)

『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)のヒロインを務め、『科捜研』には2013年から出演。


◆石井一彰(33才・蒲原勇樹役)

東宝ミュージカルアカデミー第1期生として、舞台やミュージカルでも活躍。


石井:ぼくはずっと舞台をやってきて初めてのドラマだったから最初はあまりイメージがわかなくて…何年も続いてきたチームにひとりで入っていくのはかなり緊張感がありました。


渡部:ぼくも同じです。1話限りのゲストとも違うし、チームワークにうまく調和できるかすごく緊張しました。


山本:私は幼い頃から記憶にあるドラマなので、すごくうれしかった。初めて現場に入ったときは、“本物の沢口さんだ!”って(笑い)


渡部:ぼくの役は前任者がいるんだけど、そこは意識せずにあくまで科捜研メンバーの中で活躍できるかということを意識してます。技術面や用語も事前に結構調べますよ。


山本:サイバー系に強い亜美の役柄は私ととても近いので、私はあんまり勉強はしないなぁ。でも、呂太が入ってきて、常識人じゃない亜美がさらに常識外れな呂太の先輩になるから、キャラクターとしての成長は意識しています。


石井:ぼくも当初は落合刑事(池上季実子)を慕っていて、いまだに土門さんに複雑な感情を持つという役どころなので、演じ方は毎回少しずつ変えていますね。


渡部:変わらないのはセットだよね(笑い)。普通は毎回撮影が終わればセットをバラすのに、科捜研は(京都の撮影所で)6〜7年ずっと組みっぱなし。


石井・山本:たしかにずっとある。


渡部:そういうところからも、このドラマがいかに歴史があるかというのを感じます。


石井:出演も回を重ねてきて、いつかは“卒業”もあるかもしれない。自分は異動とかじゃなくて殉死がいいんです。散りたい(笑い)。


渡部:たしかに。刑事って散り様がかっこいい。呂太も、自分より破天荒な後輩が出てきたら散るかもしれないですね。先輩風吹かせる呂太って想像できないし。


山本:えっ、私は絶対死にたくない(笑い)! 亜美が30才になった姿も40才になった姿も見たいし、科捜研の放送が続く限りずっと出続けたいです。


※女性セブン2017年12月21日号

NEWSポストセブン

「科捜研の女」をもっと詳しく

「科捜研の女」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ