「ラジエーションハウスⅡ」映画化発表に反響 「レインボーベビーの話、すてき過ぎて泣いた」

12月7日(火)7時37分 エンタメOVO

「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」10話のワンシーン (C)フジテレビ

写真を拡大

 窪田正孝が主演するドラマ「ラジエーションハウスⅡ〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系)第10話が、6日に放送された。

 本作は、2019年4月期の「月9」ドラマとして放送された「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の続編。天才放射線技師の五十嵐唯織(窪田)と放射線技師たちの物語を描く。(※以下、ネタバレあり)

 唯織(窪田)たちのもとを訪れた循環器内科長の大森渚(和久井映見)は、「純型肺動脈閉鎖症」の胎児の心エコー画像を見せ、カテーテル治療の協力を求めた。

 胎児は、心臓から肺に血液が行かなくなっており、場合によっては生後数日の命だという。母親は、第1子を外科手術後の合併症で亡くしている池田しずく(伊藤歩)だった。

 そこに、副院長の鏑木(浅野和之)が現れ、渚をこの患者の担当から外すと告げる。医院長の灰島(髙嶋政宏)は、新生児への心臓カテーテル治療は前例がないため、外科手術で対処するよう鏑木に指示していた。ラジハメンバーは、渚がカテーテル治療にこだわる理由を探る。

 放送終了後、SNS上には、「レインボーベビー(死産や流産、新生児死などで赤ちゃんが亡くなった後に授かった赤ちゃん)の話、すてき過ぎて泣いた」「大森先生、鏑木先生、ラジハメンバーに泣かされました」「鏑木先生かっこいいなあ」などのコメントが寄せられた。

 また、ゲスト出演した伊藤については、「伊藤歩さんは、悲しみとその先の希望がよく似合う」「この女優さんの演技いつも引き込まれる」「さすがに演技うまかった」などの感想が投稿された。

 さらに、番組のラストに同作の映画化(2022年4月29日公開)が発表されると、「映画化きたー!」「絶対見に行きます!」「ラジハの映画楽しみ過ぎる」などのコメントが寄せられた。

エンタメOVO

「ラジエーションハウス」をもっと詳しく

「ラジエーションハウス」のニュース

「ラジエーションハウス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ