カラーズぱわー全開な主題歌も物語の一部!? 作品を集約したような歌詞にも注目! TVアニメ『三ツ星カラーズ』琴葉役・日岡なつみさんインタビュー

12月8日(金)18時0分 アニメイトタイムズ

2017年1月より放送開始のTVアニメ『三ツ星カラーズ』。本作は、結衣・さっちゃん・琴葉の小学生3人組による正義の組織「カラーズ」が、平和な上野の平和を守るため日夜(嘘、夕方まで)、街を駆け回る月刊電撃コミック大王で連載中の作品です。

結衣役に高田憂希さん、さっちゃん役に高野麻里佳さん、琴葉役に日岡なつみさんが決定しており、監督は河村智之氏、制作をSILVER LINK.が担当します。

アニメの放送開始まで2か月を切った本作ですが、この度、琴葉役の日岡さんにインタビューを敢行! 日岡さんが演じるキャラクターや原作漫画の魅力をはじめ、応援番組「天才!カラーズTV」でのエピソード、OP・ED主題歌の収録の感想など、様々なお話を伺いました!琴葉はカラーズの中でも一番素直な心を持っているキャラクター
——まずは日岡さんが演じている「琴葉」についてお聞かせください。

日岡なつみさん(以下、日岡):原作ファンの方にとって、琴葉は発言が大胆だったり毒舌なキャラクターというイメージが強いかもしれません。ですが、琴葉は3人の中でも一番素直な心を持っている子なんです。

毒舌なところも悪意があるというよりは、素直に思っていることをそのまま言っているだけなんだと思います。そこがキャラクターの魅力に繋がっているような気がしますね。

——興味のあるものがハッキリしている、子どもらしいキャラクターだと。

日岡:さっちゃんは普段、奔放ながら空気が読めたり、結衣は周りに気を遣う性格なんですけど、琴葉は誰にも気を遣わず(笑)。とにかくマイペースで、素直な子なんだと思います。

——琴葉の役づくりや演技面で特に意識されたところを教えてください。

日岡:全体を通して意識をしているのは、子どもでいること。逆に言うと、大人にならないことです。特に琴葉のセリフは物事を悟っているようなセリフが多かったりとか、ちょっと毒のあることを言うじゃないですか。

でもそれは言葉の意味を理解して言っているのではなく、ゲーム等で得た知識や言葉をただ口にしているだけなんです。なので、セリフもあくまで子どもが難しい言葉を言っているように意識をしています。

——なるほど。ちなみに、演じられていて楽しい部分やセリフなどはありますか?

日岡:普段、自分が絶対に言えないようなセリフが言えることですね(笑)。あまり周りを気にせずに、言いたいことが言える自由さは演じていて楽しいです。

——そこは琴葉ならではですね(笑)。では原作コミック『三ツ星カラーズ』を読んだときの第一印象を教えてください。

日岡:とにかく“可愛い!”の一言(笑)。ほっこり癒され、クスっと笑えて、元気をもらえるお話だと思います。絵の可愛さやお話の雰囲気・空気感が可愛らしい作品ですよね。

——中でもお気に入りのエピソードはありますか?

日岡:どれもお気に入りなんですけど、特に「雪すぎる」(原作第3巻 第21話)がお気に入りです。上野に雪が積もって、カラーズの3人がはしゃぐというエピソードなんですけど、私自身が北国育ちで雪が身近な存在だったんです。

子どもの頃って、雪が積もっただけですごくテンションが上がるじゃないですか。みんなで外に出て雪だるまを作ったり雪合戦をした思い出があったので、すごく共感できました。

3人でお尻に付いた雪を払っているシーンとかすごく可愛くて! そういえば子どもの時にこんなことをしていたなと思うエピソードがたくさん入っていて、懐かしい気持ちになれましたね。

——読んでいると温かい気持ちになれますよね。アフレコも始まっているそうですが、現場の雰囲気はいかがでしょう?

日岡:応援宣伝番組「天才!カラーズTV」で、ゆっきー(高田さん)と、まりんか(高野さん)と一緒に出演していたので、すぐに打ち解けることができました。アフレコも最初から入りやすくて、第1話の早い段階で3人の空気感が出来上がっていましたね。「このメンバーなら大丈夫」という安心感の中で収録してます。役作りの決め手となった「天才!カラーズTV」の存在
——アニメに先駆けて、応援番組「天才!カラーズTV」も放送・配信されました。秘密基地を作ったり駄菓子を食べたり、上野で遊んだりと、様々な企画に挑戦されていましたが、こちらを振り返ってみていかがでしょう?

日岡:まず番組のコンセプトとして、“童心に帰って色々なことをする”という趣旨がありました。この緩い雰囲気が皆さんに伝われば良いな……と思ってやってるんですけど(笑)。

段ボールなどいろんなものを使ってアジトを作ったりと、大人になるとなかなかできないようなことを番組内ではやらせていただいています。

——アジト作りのときは他のふたりのカッターを隠したりとか……(笑)。

日岡:あのときは、そういう妨害のお題が出ていたんです(笑)。小学生に戻ったような気分になれて、すごく楽しかったですね。

【関連動画】


他にも、めんこや縄跳びなど色々やりましたけど、大人になってそういう遊びをやると変なテンションになりますね(笑)。「だるまさんがころんだ」の時には、ゆっきーとまりんかがモデルがするような、カッコいいポーズで止まったり(笑)。

総じて番組では、小学生の時に授業でやったり、放課後に遊んだりしたようなことをやらせていただきました。それを経たことで、子どもの頃の気持ちを思い出せましたし、役作りにも良い影響を受けたので、とても良い機会をいただくことができました。

【関連動画】


——そんな「天才!カラーズTV」の中で、お気に入りのエピソードはありますか?

日岡:4話でやった「不忍池ボート競走」ですね。私たちは何もせずに、スタッフさんやマネージャーさんが頑張ってボートを漕ぐという回なんですけど(笑)。

子どもに振り回される大人たちの図というのも、『三ツ星カラーズ』らしいと言えるのかもしれません。収録後に皆さんが足や腰を押さえていたのが印象的でしたね(笑)。

【関連動画】


——不忍池と言えば、アメ横にある摩利支天 徳大寺にも訪れていましたが、上野の街の印象はいかがでしょう?

日岡:上野は全体的に空気がのんびりしていて、人や土地の暖かさが感じられる場所だと思いました。公園や動物園など遊び場も多くて、きっと子どもたちにとっても楽しい場所だと思います。

【関連動画】


OP・ED主題歌も大切な物語の一部——OP主題歌「カラーズぱわーにおまかせろ!」の収録を終えた感想をお願いします。

日岡:とにかく楽しい収録でしたね(笑)。OP曲は元気で明るい、カラーズらしい曲でした。楽しく歌えましたし、元気をもらえるような曲ですね。



——歌詞のパート分けが細かい部分もポイントですよね。

日岡:そうなんです。3人がバトンを渡していくような歌になっていて、カラーズっぽさが感じられました。

——改めて楽曲の聴きどころを教えてください。

日岡:基本的なアニメの構成って、OP→本編→EDじゃないですか。その中でOPは、1日の始まりを印象付けるポイントなんですよね。そこから本編が始まって、EDで夕方になり「また明日!」という流れで作ってくださっていて、曲自体が物語の一部のようになっているところが聴きどころだと思っています。

——セリフの掛け合いや元気な曲調など、まさにカラーズの曲といった印象を受けました。まずはOP主題歌でお気に入りのフレーズや歌詞などはありましたか?

日岡:1番の「ミライのしんぱいよりも まずは今日の事件から」という歌詞が、深いなと思いました(笑)。

子どもって先のことを色々考えるよりも、目の前のことを楽しんだり悩んだりするじゃないですか。子どもからすれば当たり前の話なんですけど、大人になるとそれが逆になってしまって(笑)。先のことばかりを考えがちだと思うんです。

あとは2番の「ココロの平和遠いと ココロの声が聞こえた」という歌詞も気に入っています。自分の心の声に素直に従って、解決に向けて頑張ろうという内容だと思うんですけど、そういう子どもの素直さが良いなと思います。——なるほど。続いてED主題歌「ミラクルカラーズ☆本日も異常ナシ!」の収録を終えた感想をお願いします。

日岡:EDも明るくて可愛い曲だと思う一方で、お洒落な雰囲気も感じていて。元気なだけじゃなく、夕方や夜の感じだったり、1日の終わりみたいな落ち着いた部分もあるんです。

構成的にも少し変わっていて、途中で違うメロディが入ってきたり、異なるフレーズが出てきたりするんですよ。そこが新鮮で楽しかったですね。



——歌詞の中には「エクストラバージンオイル」という単語が出てきたりと、カラーズらしさもふんだんに盛り込まれていました。メロディもジャズ風でオシャレですよね。

日岡:カラーズがスキップをして帰っているような情景が頭に浮かびますよね。他にも「おつカラーズ」や「ゲームクリヤー!」など、原作にあるセリフが散りばめられていて、作品を集約したような曲になっています。

——日岡さんからご覧になった楽曲の聴きどころは、どういったところでしょう?

日岡:前半は明るい曲なんですけど、後半になると夜の風景が想像できるような、ゆったりとした部分があって。3人が家に帰ろうとしている映像が浮かぶような曲になっているので、いろんな表情の変化を楽しんでもらえれば良いなと思います。

——歌詞のなかで印象的なフレーズはありましたか?

日岡:「おやじののもかモノクロ大佐」という歌詞が印象に残っています。早口言葉なんですけど、歌ってみるとすごく可愛くて(笑)。おやじ・ののか・もか姉・モノクロ大佐と登場人物がギュッと入っている部分もお気に入りです。

カラーズにとって、この4人も一緒に事件を解決してくれる仲間だと思っていることが感じられて、可愛いらしいとも思いましたね。

——最後にアニメの放送と、ユニット活動を楽しみにしているファンの皆さんへ一言お願いします。

日岡:『三ツ星カラーズ』の3人が上野の街を駆け回る姿を、原作のファンの方も、これからファンになる方も楽しんでいただけたら嬉しいです。

本作の魅力は元気がもらえるところだと思っているので、皆さんに力を与えられるような作品になればと思います。放送をぜひ楽しみにして下さい。

また、私たちのユニット「カラーズ☆スラッシュ」のOP・EDでも、皆さんに元気やパワーを届けられたら良いなと思っています。応援よろしくお願いします!

——ありがとうございました!

[インタビュー・編集/鳥谷部宏平 文/島中一郎]

TVアニメ情報
TVアニメ『三ツ星カラーズ』

<イントロダクション>
上野の公園にひっそりと佇むアジト。そこにいるのは3人の小学生の女の子たち——。
そう、彼女たちこそ上野を守る正義の組織「カラーズ」!
結衣、さっちゃん、琴葉の3人は今日も平和な上野の平和を守るため、日夜(嘘、夕方まで)街を駆け回るのである!

<放送情報>
2018年1月より放送予定

<原作>
タイトル:「三ツ星カラーズ」
原作:カツヲ(「月刊コミック電撃大王」連載(毎月27日発売))

<メインキャスト>
結衣:高田憂希
さっちゃん:高野麻里佳
琴葉:日岡なつみ

<メインスタッフ>
監督:河村智之
シリーズ構成:ヤスカワショウゴ
キャラクターデザイン:横田拓己
アニメーション制作:SILVER LINK.

>>http://mitsuboshi-anime.com/ (公式サイト)
>>http://mitsuboshi-anime.com/colorsslash/ (「カラーズ☆スラッシュ」公式サイト)
>>https://twitter.com/3boshi_anime (公式ツイッター(@3boshi_anime))

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ