マット・デイモン、『フォードvsフェラーリ』で人生初めての挑戦

12月8日(日)13時20分 シネマカフェ

『フォードvsフェラーリ』(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

写真を拡大

マット・デイモンとクリスチャン・ベイルが初共演でW主演を務める、実話に基づく『フォードvsフェラーリ』。デイモンは、本作で人生初めてのことに挑戦したという。



1966年、“ル・マン24時間耐久レース”で絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いた本作。実在した気鋭のカーデザイナー、キャロル・シェルビーを演じたマット・デイモンは、これまでにも記憶を失ったスパイ、火星に取り残される宇宙飛行士、伝説の泥棒の息子など、多種多様な役を演じハリウッドを代表する俳優の一人となった。


過酷な減量、激しいトレーニング、徹底した食事制限など、俳優の宿命とも呼べる役作りを様々な経験してきた彼は、なんと本作で生まれて初めてのパーマを経験することに!


デイモンは「僕はシェルビーにまったく似ていない。体型からして全然違う。彼は体が大きい、カーリーヘアの人。観客の気を散らすことなく、どうすればいいかを、僕らは考えないといけなかった」と語る。「この映画は本当にストーリーがいいから、邪魔になることはあってはいけないんだよ。そんな中であの人に似ていると思わせるのにはどうすればいいか? それは主に、演技を通してやるべきだ」と実在した人物を演じる難しさを語った上で、「それでも撮影前に監督とも何度か話し合い、髪をストレートのままにしておくのは違うということになったんだよ」と、生まれて初めてのパーマに踏み切ったいきさつを明かした。

その決断も後押しとなり、本作では初めての姿でのデイモンの熱演を目にすることができる。


『フォードvsフェラーリ』は1月10日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「マット・デイモン」をもっと詳しく

「マット・デイモン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ