『黒子のバスケ』“冬休み”テーマのイベントをJ‐WORLDで開催 描き下ろしイラストも

12月8日(金)17時0分 クランクイン!

『黒子のバスケ』“冬休み”テーマのイベントをJ‐WORLDで開催(C)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

写真を拡大

 ナムコが運営する「週刊少年ジャンプ」(集英社)作品の世界観で遊べる東京・池袋のテーマパーク「J‐WORLD TOKYO」で、人気作品『黒子のバスケ』の“冬休み”をテーマにした期間限定イベント「黒子のバスケ 黒子の冬休み in J‐WORLD TOKYO」がスタートした。 テーマとなる『黒子のバスケ』は、2009年から2014年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、コミックスの累計発行部数が3000万部を突破するほどの好評を博した人気バスケット漫画。2012年から3期にわたりテレビアニメ化されたほか、OVA化、ゲーム化、ドラマ化、舞台化といった様々なメディアミックスを展開してきた。

 今回のイベントでは、雪だるまを作ったり雪合戦をしているキャラクターの描き下ろしイラストがあしらわれた景品の当たるミニゲーム「雪玉ガラポン」や、登場人物をあしらった「エコカイロ」や「A4クリアファイル」などのオリジナルグッズが登場。

 また、ターメリックライスとロールキャベツの入ったクリームシチュー、アイスがセットになった「黒子、黄瀬、テツヤ2号のウインターホリデーディッシュセット」など、期間限定のフードやデザートなど全5種類のメニューを味わえる。

 さらに、期間中は池袋で開催する『黒子のバスケ』イベントとの連動キャンペーン「池袋 冬の黒子祭り 2018」を実施。対象店舗のレシートを持って「J‐WORLD TOKYO」へ足を運ぶと、描き下ろしイラストを使用したオリジナルポストカードがプレゼントされる。

 イベント「黒子のバスケ 黒子の冬休み in J‐WORLD TOKYO」は、12月8日から2018年2月15日まで開催。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

黒子のバスケをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ