AKB総選挙、2018年は「ちょっと1位いけそう」 HKT宮脇が狙う「指原票」

12月8日(金)18時4分 J-CASTニュース

宮脇さんは選抜総選挙の開票イベントで、18年には1位になると「予言」した(2017年6月撮影)

写真を拡大

2017年のAKB48グループの選抜総選挙で4位にランクインしたHKT48宮脇咲良さん(19)が、17年12月7日放送のバラエティー番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ系)で、18年の選抜総選挙に「ちょっと1位いけそう」と強気な見通しを示した。

17年の選抜総選挙での上位2人、HKTの指原莉乃さん(25)とAKBの渡辺麻友さん(23)は18年の不出馬が確定しており、ダークホースが出現しなければ、宮脇さんと事実上競合するのは3位のSKE48松井珠理奈さん(20)のみ。宮脇さんは「指原票」の行方がカギを握っているとみており、そのうち4分の1を獲得できれば「勝てる」と、独自の票読みを披露した。指原さんのファンに「媚びを売る」ことを「頑張っている」とまで述べ、スタジオを驚かせた。



松井珠理奈については「ちょっとけんか強そう。『支えたい感』は私の方が...」



この日の番組のテーマは、「運命が変わった日」。宮脇さんは沖縄県で開票イベントが行われた6月17日を挙げ、仮に18年に総選挙が行われた際の見通しを「来年は、ちょっと1位いけそうだなっていう...」などと話した。バラエティー番組向けに発言を「盛っている」とみられるが、17年に自分より上位にランクインした3人について


「時々かわいいじゃないですか?かわいい、時々。私の方が常にかわいさをキープできてるのは勝ってるのかなというのと...」(指原さんについて)

「ちょっとキャラがかぶってて王道アイドル。やばいなと思ったんですけど、卒業するのでもう大丈夫」(渡辺さんについて)

「結構手ごわいんですけど、ちょっとけんか強そうな感じ。女の子の儚さとか『支えたい感』は私の方が勝っているかなと思って...」(松井さんについて)

と辛らつな評価を口にした。



「3位の珠理奈さんと3万票差があるので、6万票が入ると勝てる」



特に松井さんについては、AKB48グループのメンバーが女子高生プロレスラーを演じたドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系、17年1月〜7月放送)で共演。ドラマ中で宮脇さんは松井さん演じる「ハリウッドJURINA」に敗れ、8月29日に行われたリアルイベントでも宮脇さんのチームは松井さんチームに敗戦。宮脇さんは


「現実の世界でも色々負けを感じることがかなり多いので、勝った達成感を味わいたい」とリベンジを誓っていた。今回の「けんかが強そう」発言はプロレスでの敗戦を念頭に置いている可能性もある。



17年の得票数は、指原さん24万6376票、渡辺さん14万9132票、松井さん11万3615票、宮脇さん8万2803票。主にカギになると宮脇さんが見ているのは「指原票」で、宮脇さんは24万票のうち18年は半分が投票をやめると予測。宮脇さんは


「3位の珠理奈さんと3万票差があるので、6万票が入ると勝てる」

として、指原さんファンが引き続き投じるとみる12万票のうち半分を確保したい考えだ。



若狭氏「『自分の前任者の考え方と私は一緒です』とか言うのもひとつの方策」



宮脇さんは、「1位になるために結構頑張っていること」として、「さっしー(指原さん)のファンに媚びを売る」ことを挙げ、


「コンサートとかだと、(指原さんのファンの)黄色いおじさんを見つけると手を振ったりとかして...」

などと「指原票」獲得に向けた具体的方法まで披露。スタジオ出演していた若狭勝前衆院議員(61)も、


「浮動票をどう取り込むかは、選挙で勝つための大きな要因。『自分の前任者の考え方と私は一緒です』とか言うのもひとつの方策」

と納得していた。



宮脇さんは17年6月の選抜総選挙開票イベントで、スピーチの終盤で司会の徳光和夫氏(76)に向かって


「来年の総選挙、第1位は宮脇咲良です!」

と「予言」し、


「またこういうザワつかせてしまうことを言ってしまったので、この予言を当てられるように、自分で自分の首を絞めたと言っても過言ではないので、今から全力で頑張って来年いい結果になって、さっしーの次を背負えるような人になりたい」

と発言。指原さんの後継者をアピールした。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

総選挙をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ