近藤真彦 ジャニー社長に聞きたい“今の自分への評価”

12月8日(金)16時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


「53歳になった今の僕に、ジャニーさんが何を思うのかを聞いてみたい。ふと、そうひらめいたのが、今回のシングルが生まれたきっかけです」


こう語るのは、デビュー37年目を迎え、歌手としてますますの円熟味をみせるマッチこと近藤真彦(53)。最新シングル『軌跡』は、所属事務所社長・ジャニー喜多川氏が彼の曲に初めてタイトルを付けたことでも話題を呼んでいる。そんな新曲にかけて、これまでの歩みを振り返りながら、歌にかける思いを聞いた。


「当初、ジャニーさんには作詞をお願いしたんです。それは時間的に難しかったけれど、タイトルと歌詞のテーマをいただけることになって。ジャニーさんからは『年齢的にも、一度人生を振り返ってもいい時期。これまで歌手とレースの二足のわらじを履いて走ってきたマッチだから、車偏の付く“軌跡”をテーマにしたらいいよ』と言ってもらいました」


重厚なタイトルとは対照的に軽やかなサウンドは、山あり谷ありの芸能生活を乗り越えてきた現在の心境を表現しているのだろうか。


「僕は15歳のころからこの仕事をしているんだけど、これまでいいこともあれば悪いこともあった。むしろ悪いというか、つらいことや失敗のほうが多かったんじゃないかなあ。今の僕を見て、『好きなことをして、いい人生を送ってきたんでしょ』、と言われることもよくあるんですけど、実際そうでもなくて。歌もテレビも、レースにしても、いいところは見てもらえるけれど、そうじゃない部分ってこちらも見せないですから。これでいて、けっこう大変なんです(笑)」


'80年のデビュー曲『スニーカーぶる〜す』は初登場でいきなりヒットチャート1位を獲得。誰もがうらやむ鮮烈なデビューに見えるが……。


「僕の時代は今のジャニーズのコたちと違って、歌やダンスのレッスンをみっちり積んでいる時間なんてなかった。ろくにレッスンも受けずにデビューしてすぐに“新人賞”でしょ。当然、まわりからは“あいつは演技が下手だ”“歌がダメだ”と陰口をたたかれて……。そりゃそうですよ、だってなんの勉強もしていないんだもん(笑)。デビュー後は、人気に伴う実力をつける努力をしながら人気者の自分を追いかける日々、正直言ってメチャメチャきつかったです。世間からはやんちゃというイメージをもたれてきたけど、自分ではあまりピンときてなくて。例えば『この赤い服を着て』と言われたら、そんなの無理だなんて文句は言わず、黙ってやるタイプ。それは昔も今も同じです」


彼の“やんちゃ”というイメージを増幅させたのは、前代未聞の“歌手とレーサーの両立”も大きい。


「たしかに、歌手をやりながら、片方でレースもやるって普通はありえないですよね。スペシャルな立場を与えてくれたことを、ジャニーさんにも、事務所にもとても感謝しています。もちろん『どうぞ好きなことをやってください』ということではまったくないので、できるかぎり事務所に迷惑をかけることのないようにやってきて。今回ジャニーさんから『軌跡』というテーマをもらえたことで、少し僕の“二足のわらじ”を認めてもらえたのかな、とうれしく感じました。ジャニーさんって、先のことを考えている人。常に、後ろにいるコを見て“あのコとあのコとあのコでグループを組ませたらいい”ってことを考えている。このコは伸びる、と人を見抜く力は本当にスゴイ」

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

近藤真彦をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ