近藤真彦 キャリアを重ねて見えた「僕が歌う意味」

12月8日(金)16時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


「今からミリオンヒットを飛ばしてやろうか、なんていう気持ちは正直言ってございません(笑)。シングルを出して、テレビや雑誌に出させてもらえている今がベストなので、この状況を40周年でも迎えられることが理想かな」


デビュー37年目を迎え、歌手としてますますの円熟味をみせるマッチこと近藤真彦(53)。最新シングル『軌跡』は、所属事務所社長・ジャニー喜多川氏が彼の曲に初めてタイトルを付けたことでも話題を呼んでいる。そんな新曲にかけて、これまでの歩みにおけるターニングポイントを振り返ってもらった。


■ジャニーさんの目に留まって、それまでの人生が一変


「13〜14歳のある日、ジャニーズ事務所から電話がかかってきたことで僕の人生はひっくり返りました。デビュー後は、家族も親戚も、田舎の町中が大騒ぎに(笑)。もしジャニーさんが僕の履歴書の小さな写真を見つけてくれなかったら、今ごろ何をしてたのかな」


■ムードや色気を帯びるように……『愚か者』から曲作りが変わった


「『愚か者』までは“手を上げてみんなで踊ろう”みたいな歌を歌ってきたけれど、だんだんとムードや色気を意識した大人っぽい曲をいただくように変わっていった。その後は、またにぎやかな曲をリリースしたりと、時代によってさまざまな歌を歌ってきましたね」


■人としての成長のチャンスをくれた歌とレースの“二足のわらじ”


「レーサーの経験は、レースという芸能とはまったく別の社会を見られたことが僕にはよかったんだと思う。芸能の仕事だけでは性格的に行き詰まってしまっていたんじゃないかな。いろんな人と出会い、話を聞かせてもらったことで社会人として成長させてもらえました」


■ファンの反応に泣きそうに……25周年、武道館での感激


「25周年を迎える前は、仕事に対してどこにも軸足がないような居場所のなさを感じていました。それが25周年のときに日本武道館でコンサートをやらせてもらったことで、僕の歌を待っていてくれたたくさんの存在を目の当たりにして、歌うことへの思いが変わりました」


■35周年から40周年へ……キャリアを重ねて見えた“僕が歌う意味”


「ランキングや売上げ枚数などの数字的な結果ということよりも、歌やラジオを聴いた人がちょっとでもエネルギーが出たり、笑顔になってくれることが今はうれしい。その場にいない相手に対して発したメッセージが、誰かに届いてくれたとしたら、それが僕の結果かな」


ジャニーズ事務所所属の最年長アーティストとして、常に道を開拓してきたマッチ。「デビュー40周年」には、どんな姿を見せてくれるのかーー。

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

近藤真彦をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ