『仮面ライダーキバ』10周年、恵とゆりが久々の再会「一瞬であの頃に戻っちゃった」

12月8日(金)11時7分 マイナビニュース

2018年で放送開始から10周年を迎える特撮ドラマ仮面ライダーキバ』(2008年1月〜2009年1月テレビ朝日系列)のBlu-ray BOX第二弾として2018年3月7日に発売される「仮面ライダーキバBlu-ray BOX2」に封入されるブックレットに、本作のWヒロイン・柳沢なな(麻生恵役)と高橋ユウ(麻生ゆり役)のスペシャル対談が掲載されることが明らかになった。

2008年の娘・恵の物語と1986年の恵の母・ゆりの物語、二つの時間軸での出来事が同時進行で描かれていき、過去と現在が複雑に絡み合う壮大なドラマが魅力だった本作。そのため、TVシリーズでは一緒のシーンがなかった2人だが、当時の雑誌の取材やたまに撮影現場で一緒になる事が楽しみだったという。

特に当時17歳だった高橋は、本作が女優デビュー作で上手く演じることが出来ずに落ち込むことも多かったそうで、「本当にななちゃんに助けられた! あれから10年経ったけど、今日は一瞬であの頃に戻っちゃった!」とのこと。一方の柳沢も「舞台や他のお仕事で大人になったユウを見て、少しだけ寂しかったのに、今日ユウがあの頃のユウでうれしかった(笑)!」と話すなどプライベートでも交流が続く2人だが、今回の対談は特別だった様子だ。

お気に入りのシーンには、2人は「30話と31話の変身シーンです!』と声を合わせる。「『キバ』を観ると元気になるんです!」と語る柳沢。一方、放送終了後一度も本作を観た事が無いと話す高橋は、「(当時の演技が)恥ずかしかったり、上手くできなかった悔しさがよみがえるから観れなかったけど、せっかくBlu-rayになるし……観ます!」と宣言した。
○高橋ユウ コメント

10年経ってBlu-rayになりましたけど、当時の私たちが必死でもがいて、必死に戦ったあの頃がそのまま見られると思うので、ぜひ観て欲しいです。『仮面ライダーキバ』は"愛"や"家族"の話だから「親は子供の事を常に考えているよ」ということなどを感じて欲しいです。
○柳沢なな コメント

私は弟たちと「仮面ライダー」を見て育って、今回せっかくBlu-rayになったので、これを自分の姪っ子、甥っ子、子供、孫と、皆さんにどんどんこれから先も残していって欲しいなというのが願いです。

また今回のスペシャル対談では、当時の事、共演者の事、想い出深いアクションシーンの事などたっぷり語っている。

「仮面ライダーキバBlu-ray BOX2」は2018年3月7日発売。価格は19,800円(税別)。

(C)石森プロ・東映

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

仮面ライダーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ