『ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R』色が反転!? ターンレッドがMGになって登場

12月8日(金)13時16分 マイナビニュース

2018年2月発送予定「MG 1/100 ガンダムアストレイ ターンレッド」(7,560円/税込)

バンダイが展開するガンプラ「マスターグレード(MG)」シリーズより、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R』に登場した「ガンダムアストレイ ターンレッド」が立体化。「MG 1/100 ガンダムアストレイ ターンレッド」として、現在プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。2018年2月発送予定で、価格は7,560円(税込)。

「ガンダムアストレイ ターンレッド」は、レッドフレームと対比して赤と白が反転したインパクトのあるカラーリングはもちろん、頭部の大型ブレードアンテナ、あご下に装着するチンガードなどが特徴的な機体。「MG 1/100 ガンダムアストレイ ターンレッド」では、V字を描く大型ブレードアンテナやチンガード、バックパック、パワーパック懸架用腰部ユニットパーツ、パワーパック基部を新規造形で再現。バックパックには新たに懸架用アームも備わっており、タクティカルアームズを接続可能となっている。

また、「ターンレッド」の特徴的な装備である大型剣「タクティカルアームズ」は2本付属しており、背面に懸架できるほか、手持ち武器として迫力のアクションも楽しめる。またタクティカルアームズ用のディスプレイスタンドが付属し、安定したポージングが可能に。ラインマーキング等を収録した新規デザインのマーキングシールが付属するほか、同スケールのヴァレリオ・ヴァレリ(ダブルブイ)のフィギュアも同梱される。

(C)創通・サンライズ

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ガンダムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ