今注目の瀬戸利樹&山本涼介、同い年の2人が「チャンスを大事に」しながら目指す俳優像とは? (1) 互いにすごいと思うところは?

12月8日(金)12時0分 マイナビニュース

芸能事務所・研音所属の若手俳優によるスペシャルイベント・MEN ON STYLE(東京豊洲PITにて12月28日〜29日 全4公演)。2011年から年末に開催されているイベントでは、ふだんは俳優として活躍する彼らがステージでパフォーマンスを行い、普段とは違った一面を見せることで人気を博している。

6回目の開催となる2017年は、竜星涼、瀬戸利樹、山本涼介、永瀬匡、市川知宏、入江甚儀、上杉柊平、そして新メンバーに小林亮太が出演する。今回は、今大注目の瀬戸&山本に、俳優としての目標やイベントについて話を聞いた。

○同い年の二人

——お二人が激アツだと、うちの特撮担当から聞いておりまして、ぜひお話を伺えればと思います。

山本:”2号ライダー”同士ですね。

——事務所に入った時からのお知り合いなんですか?

山本:いつ入ったんだっけ?

瀬戸:僕は、高校3年の終わりくらい。はじめは、レッスンにだけ通わせてもらっていて。だから山本くんや竜星(涼)くんと一緒に、お芝居のレッスンをさせてもらっていました。

山本:面識はありました。最初の方、あんまり覚えてないんだけど(笑)。

瀬戸:おーい! でも、同い年だったから、よく喋らなかった?

山本:『MEN ON STYLE』に利樹が出てからじゃない? 2015年の稽古くらいから、ちゃんと喋るようになって、仲良くなった。

——ではお互いに見て、ここが良いと思うのはどんなところですか?

山本:利樹は、自分の見せ方を知っている。『仮面ライダーエグゼイド』を見ていても思いましたし。

瀬戸:(照れて)そんなことないよ!

山本:「ここはかっこよくする」という部分もわかっていますし、「ここはかわいくする」というのも照れずにやるので、強いところだと思います。

瀬戸:僕は一緒にレッスンをやって、山本くんは純粋な心の持ち主で、お芝居が素直な、素敵な方なんだなと思いました。

■瀬戸利樹1995年10月7日生まれ、千葉県出身。ドラマ『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』(14)で俳優デビュー。『ストレイヤーズ・クロニクル』(15)で映画初出演を果たし、『仮面ライダーエグゼイド』(16)出演で話題となる。映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』の公開を控えている。また、今年10月には自身のファースト写真集「SETOGRAPH」を発売。

山本:例えば?

瀬戸:全体的にだけど、相手の受け方を見て、感情を素直に出すんだなと思いました。それはすごく勉強になるし、あと何よりスタイルが良い!

■山本涼介1995年5月15日生まれ、奈良県出身。ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』でデビュー。『仮面ライダーゴースト』(15)の仮面ライダースペクター役で注目を集める。現在、ドラマ『陸王』に出演、『MEN’S NON-NO』専属モデルとしても活躍している。主な出演作に映画『好きっていいなよ。』(14)、『神さまの言うとおり』(14)、ドラマ『理想の息子』(12)、『あすなろ三三七拍子』(14)、舞台『曇天に笑う』(15)など。2018年には舞台「駆けはやぶさ ひと大和」に出演のほか、映画『ちょっとまて野球部!』『ニート・ニート・ニート』公開を控える。

——山本さんは、モデルとしてもご活躍中ですよね。

山本:ありがたいことに。親に感謝ですね。

——モデルと俳優の活動は、どんな違いがありますか?

山本:表現するという部分は一緒ですが、役者は役ありきのもの。一方で、モデルは自分で服の良さやかっこいい見せ方を表現しなければいけないので、その違いはあります。でも、モデルなら「この場所だったら彼女を待っているのかな」と背景を想像したり、役者と似た部分もあります。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

山本涼介をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ