『仮面ライダービルド』最新変身アイテムはボトルじゃなくて缶、炭酸音が発動

12月8日(金)20時1分 マイナビニュース

12月9日発売予定「DXラビットタンクスパークリング」(3,218円/税込)

特撮ドラマ『仮面ライダービルド』より、2017年12月9日から公開される最新映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』に登場する新フォーム「ラビットタンクスパークリングフォーム」に変身するために必要な変身アイテム「ラビットタンクスパークリング」が明らかになった。また、そのなりきり玩具が「DXラビットタンクスパークリング」(3,218円/税込)として12月9日に発売される。

「ラビットタンクスパークリングフォーム」は、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』にて登場する新フォームで、特別映像『5分でわかる仮面ライダービルド』にてその姿が公開されていた。

今回明らかになったビルドの変身アイテムは、なんとフルボトルではなく缶状の形をした「ラビットタンクスパークリング」。「DXラビットタンクスパークリング」では、プルタブを開けて別売りの「DXビルドドライバー」にセットし、レバーを回すとDXラビットタンクスパークリングの複眼が発光、変身音が発動する。さらに再びレバーを回すと、複眼が発光、必殺技音が発動する。

また「DXラビットタンクスパークリング」単独でも、上下に振ると炭酸音が発動。プルタブを開くことで複眼が発光し、缶を開ける音が鳴る仕様となっている。

(C)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

仮面ライダーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ