佐藤健が“自撮り”に込めた想いとは<8年越しの花嫁 奇跡の実話>

12月8日(金)18時0分 モデルプレス

佐藤健(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

写真を拡大

佐藤健/モデルプレス=12月8日】俳優の佐藤健と女優の土屋太鳳がW主演を務める映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日公開)から、佐藤の新たな場面カットが公開された。

今作はYouTubeに投稿された動画をきっかけに、「奇跡の結婚式」「号泣する実話」として話題となり、2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた、あるカップルに起きた奇跡の実話を映画化。

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志(ひさし)役に佐藤、病と闘う麻衣役には土屋。『64-ロクヨン-前編/後編』(2016年)など深い人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督がメガホンをとり、今最も注目を浴びるスリーピース・バンド、back
numberが主題歌を担当する

◆佐藤健の“自撮り”に込められた想いとは

今回解禁されたのは、佐藤演じる尚志が携帯を自分に向けて自撮りをしているシーンの2点。優しい表情で携帯カメラに向かって笑いかける尚志。それぞれ別のシチュエーションで登場する“自撮り”は、今作において重要なカギを握る。尚志が撮影しているこの動画はどんな内容なのか注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

奇跡をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ