亀梨和也の骨折で草彅剛主演ドラマの企画が白紙に?

12月8日(金)19時0分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



亀梨和也が、来年1月放送開始予定の主演ドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)の撮影中に左手を骨折したと報じられた。これが思わぬところに大きな影響を及ぼしそうだという。


【関連】 日テレ「NEWS ZERO」櫻井翔に代わり亀梨和也起用か ほか


ドラマは亀梨の演じる主人公が、母親を無実の罪で自殺に追い込んだ人間たちに復讐していくというストーリーで、アクションシーンも多く取り入れられる予定だった。


「障害物を乗り越えていくスポーツ『パルクール』がドラマのなかに多く出てくるというのが特徴でした。しかし、パルクールは難しいスポーツで、一朝一夕にはできないため、運動神経のいい亀梨も失敗して骨折してしまったようです」(ドラマ関係者)


亀梨はすでに撮影に戻っているというが、怪我をしたことがほかの番組制作現場でマイナスに作用しそうだという。



ジャニーズに「貸し」を作ってしまった関西テレビ


「大事な所属アイドルを怪我させてしまったということで、ドラマを制作する関西テレビはジャニーズ事務所に対して借りを作ってしまいました。これにより来年のドラマ編成が変わってしまいそうなのです」(テレビ関係者)


これまでのジャニーズ事務所ならば、「怪我させた代わりに所属のアイドルを主演にしろ!」などと言ってきてもおかしくないだろうが、今回ばかりは事情がちょっと違うという。


「ジャニーズと関西テレビのあいだには、現在進行形の“しこり”がありました。それは来年、関西テレビが元『SMAP』の草彅剛が主演するドラマ『銭の戦争』の続編制作に向けて話を進めており、ジャニーズは内々で不快感を表明していたのです。亀梨の骨折によってできた“貸し”は、草彅ドラマの続編制作中止ということで相殺するのではともっぱらの噂です」(ドラマ関係者)


まったく関係ない草彅にとっては、とんだ災難の話だ。



まいじつ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

亀梨和也をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ