八方塞がりの中居正広「新たな移籍」画策か

12月8日(金)7時0分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



中居正広に驚きの情報が浮上してきた。


【関連】 木村拓哉「稲垣吾郎へ謝罪の場」草彅剛が同席か ほか


SMAP』の独立を図った中居は最終的にジャニーズ事務所に残留した。しかし、退所した稲垣吾郎たち3人の『72時間ホンネテレビ』(Abema TV)での成功を見て、残ったことを心底後悔しているというのだ。


「中居は親しいスタッフに『おれ間違ってないよな』『失敗したかな』と心境を吐露しているそうです。中居はジャニーズ事務所の管理を嫌い、3人の独立を扇動したにもかかわらず、自分は残ったのですから、こんな卑怯なことはありません。いまはジャニーズ事務所内でも白眼視されています」(ジャニーズライター)


中居は3人のなかで最も親しかった香取慎吾に連絡をし、今後の合流を打診しているが、香取が稲垣と草彅剛にも相談したところ、ふたりは激しく拒絶したという。いまのところ関係修復は難しい。


木村拓哉は稲垣と密に連絡を取り、年内にも謝罪と和解をすることが決まりました。所属事務所が違うので仕事の共演は難しいが、イベントなどで木村がゲスト出演してコラボレーションすることは十分に考えられます」(同・ライター)


中居はジャニーズ事務所内での地位も失ったに等しく、あるのは仕事だけだ。しかし、“木村以上の裏切り者”というイメージがある以上、仕事をすればするほど私利私欲に走っているようにしか見えない。


「中居は、このままだとイメージダウンし続けるため、自分の独立を考えているようです。そこでジャニーズに対抗できる移籍先を考えています」(芸能プロダクション関係者)



明石家さんまを通じて吉本と接触か


中居が意中としている移籍先の芸能事務所は吉本興業だという。


「吉本は民放キー局各社が株主であることから、ジャニーズの攻撃を受けることもない。稲垣たちを見返せる移籍先でもあります」(同・関係者)


しかし、吉本興行には“木村派”を公言する明石家さんまがいる。だが中居は、そのさんまを通して吉本興行入りを画策しているという。


「何だかんだと言っても、中居とさんまは何度も共演しています。さんまが中居の吉本入りを手助けするという大仕事をすれば、吉本の役員になるという可能性も出てくるでしょう。さんまはかつて、自分で『60歳定年』と言いながら、いまだテレビ番組に出続けている二枚舌。中居を助ければ、ますます待遇がよくなると計算しているのでしょう」(同・関係者)


一度は敵対した中居とさんまが、利害関係で結びつきそうだ。



まいじつ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中居正広をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ