必死な土屋太鳳がかわいい ”先輩”佐藤健と本気の腕相撲、「闘うシリーズ」で新たな魅力

12月7日(木)23時5分 ねとらぼ

かなり本気の腕相撲(画像は土屋太鳳Instagramから)

写真を拡大

 女優の土屋太鳳さんが12月7日、俳優の佐藤健さんに腕相撲を挑んでいる写真を自身のInstagramで公開しました。土屋さん、本気だな。
 全身の力を込めているのか、歯をくいしばり、つらそうな表情を浮かべる土屋さん。一方の佐藤さんは「まだまだ〜」と言いたげな余裕の笑みすら浮かべています。同日には、白いドレス姿の土屋さんが佐藤さん相手にスパーリングしている写真も投稿。スパーリングパートナーよろしく両手を掲げた佐藤さんを前に、しっかりとした構えを見せる土屋さんの姿に、ファンからは「太鳳ちゃん強そう笑」「いい構え!!」といった声が寄せられました。
 それにしても、なぜ2人はファイトを繰り広げているのでしょうか。土屋さんによると、2人が出演している映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(12月16日公開)のインタビューで、土屋さんはよく「たける先輩はトレーナー、私はボクサーのようでした」と語っており、その関係を分かりやすく伝えるために写真を投稿したといいます。
 土屋さんと佐藤さんは2014年に公開された映画「るろうに剣心 京都大火編」と「るろうに剣心 伝説の最期編」で共演した仲。土屋さんはオーディションで巻町操役に抜てきされ、アクションシーンも熱演しました。それ以来、土屋さんは佐藤さんを「たける先輩」と呼び慕っており、今回の共演でもたびたび自身のSNSで2ショットを公開しているほど。スパーリングや腕相撲は土屋さんによって「闘うシリーズ」と名付けられており、映画公開までに投稿していくとのことです。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

土屋太鳳をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ