ライアン・レイノルズ、実写化ピカチュウ役務める

12月8日(金)6時56分 日刊スポーツ

ライアン・レイノルズ(ロイター)

写真を拡大


 米映画「デッドプール」(16年)などで知られる米俳優ライアン・レイノルズ(41)が、ハリウッドで初めて実写化される「ポケットモンスター」でピカチュウ役を務めることが明らかになった。
 本作は任天堂3DS用ゲームソフト「名探偵ピカチュウ〜新コンビ誕生〜」を基にした作品で、ジャスティン・スミス演じる少年が誘拐された父親をピカチュウとタッグを組んで探すストーリーで、ピカチュウはおしゃべりで美人好きであるという。レイノルズが「デッドプール」で演じるキャラクターを彷彿させることから、多くファンはぴったりの役と喜んでいるようだ。
 アニメ映画「モンスターVSエイリアン」(09年)や「ガリバー旅行記」(10年)などで知られるロブ・レターマン監督がメガホンをとり、来年1月に英ロンドンでクランクインする予定。レイノルズは声の出演だけでなく、モーションキャプチャーで実際にピカチュウを演じることになっている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ピカチュウをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ