大山真志「男が憧れる男に」半年で25キロ減量成功

12月8日(金)14時51分 日刊スポーツ

公演前に会見を行った大山真志

写真を拡大


 俳優大山真志(28)が8日、東京浅草六区ゆめまち劇場で、初日を迎えた主演舞台「トワイスアップ〜自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪が降る」の会見を行った。近未来の地球を舞台にしたハードボイルドコメディー。7月と9月公演に続く「トワイスアップ」シリーズの最終章。7月の第1シリーズでは男が憧れる男を演じたいと、1カ月で10キロやせたとし、目標は計25キロ減量と話していた。
 この日、最終章を迎えた大山は「7月から15キロやせました。半年で目標の計25キロ減量やりました。スーツの前のボタンがとまるようになりました。動きやすくなりました」と笑顔を見せた。週に3回、ジムでトレーニングをしたり、食事制限で減量に成功したという。大山「きつかったです」と笑うと「男が憧れる男になれてたらいいな。でも、座長としての自覚が持てる作品になりました」と語った。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

減量をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ