松井玲奈主演の『名古屋行き最終列車』連ドラ化決定!1月から放送開始

12月8日(金)17時8分 RBB TODAY

松井玲奈主演の『名古屋行き最終列車』連ドラ化決定!1月から放送開始

写真を拡大

名古屋鉄道を舞台にした地域密着ドラマ『名古屋行き最終列車』の第6弾が全10話の連続ドラマとして2018年1月15日から放送されることが決定した。

 第5弾まではスペシャルドラマとして放送を重ねてきた同作。主演は松井玲奈が勤め、名古屋へと向かう最終列車で繰り広げられる人々の交流が描かれる。

 主演の松井は「『名古屋行き最終列車』を、この冬も放送させていただけることになりました。このドラマが始まった時は20歳だった私も、26歳です」としみじみ。連続ドラマになったことについては「私が演じる一美についても大きな変化がやってきます。どんな変化なのか? それはぜひあなたのその目で見てください。2018年年明け、いつものように寒い夜中ですが、ほっこりしたドラマお届けします」とコメントした。

 『名古屋行き最終列車』第6弾は「開局55周年記念番組 メ〜テレドラマ『名古屋行き最終列車2018』」と題して2018年1月15日24時20分から東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重)で放送開始。

RBB TODAY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

名古屋をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ