宮脇咲良、選抜総選挙1位獲得のための秘策を赤裸々告白

12月8日(金)5時2分 RBB TODAY

宮脇咲良【写真:竹内みちまろ】

写真を拡大

HKT48宮脇咲良が7日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。宮脇は、来年のAKB48選抜総選挙では「1位を獲ります!」と宣言し、1位獲得に向けての戦略を披露した。

 今年6月に開催された「第9回AKB48選抜総選挙」で自己最高の4位を獲得した宮脇。24万6376票を獲得して第1位となった指原の印象ついては「時々かわいい」と、かわいさにムラがあることを指摘し、「常にかわいさをキープしている」のは自分であり、その点では自分自身の方が勝っていると分析した。

 第2位の渡辺麻友(AKB48)については、“王道アイドル路線”でキャラが被っているものの、次期総選挙の際には渡辺は卒業しているため、ライバル視する必要がないのだと語った。

 第3位の松井珠理奈SKE48)のイメージは「けんかが強そうな感じ。女の子のはかなさとか支えたい感は私の方が勝っている!」と赤裸々に語りつつ、松井は最も手強い相手なのだと明かした。

 そこで、宮脇は「次期総選挙で1位を獲るために頑張っている」という秘策を公開。宮脇の予想では、来年不出馬を表明している指原に投票された約24万票のうち、12万票は指原不在のため投票がなくなり、残りの12万票のうちの6万票は他のメンバーに分散される、さらに残りの浮動票6万票が宮脇に入れば、今年3万票の差で負けた松井に勝てるのだと予測した。そのためにHKT48のコンサートで黄色い衣装を着ている指原のファンを見つけると、懸命に手を振っていることや、おしゃれな女子の票を新規獲得するためにインスタに命を懸け、1日に1000枚もの写真をインスタ用に撮っていることも告白していた。

RBB TODAY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

総選挙をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ