三四郎・小宮、いじられキャラとして圧倒的 「みやぞんにもいじられてる」

12月8日(日)16時41分 しらべぇ

三四郎・小宮浩信

7日放送、オードリーとゲストがトークを展開するバラエティ番組『あちこちオードリー 〜春日の店あいてますよ〜』(テレビ東京系)に、三四郎小宮浩信と相田周二が出演。小宮が自身のいじられキャラとしての立ち位置を熱弁した。


◼新世代の台頭に…

ラジオ番組が人気の、ラジオスターと呼ばれる三四郎、オードリー、アルコ&ピースが介したこの日の放送。後輩が台頭してくることで、自分の立ち位置も変わっていくという芸人ならではの話題で盛り上がる。

オードリー・若林正恭は「小宮はいじられキャラだけど、5年ぐらいするともう1世代下のやつが出てくる」と宮下草薙・草薙航基や霜降り明星・せいやら第7世代の名を出して解説。

「小宮が一番下でいじられるスタジオと自分より下の世代がいじられてハネてて(盛り上がっていて)ってスタジオがある」と指摘すると、小宮は下の世代がハネているスタジオだと立ち位置が難しいと心境を吐露する。


関連記事:吉田明世アナの兄・DJ HALに三四郎・小宮をイジメていた疑惑 「むしろイジってた」主張も

◼圧倒的ないじられキャラ

それでも小宮は「僕は結構バカにされるほうなんで…」と自分は、下の世代にも負けないいじられキャラだと語り、「みやぞんとかにも楽屋でいじられる」と後輩のANZEN漫才・みやぞんにもいじられていることを告白。

「メガネとか隠されたりしてる」と笑いながら、「逆に新鮮。こういう関係を大事にしていきたい」と、後輩にもいじられる存在でありたいと暗に口にした。


◼6割強が「過度なイジリが不快」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体の62.9%が「過度なイジリには不快感をいただいてしまう」と回答している。

過度なイジリ

過度なイジリに不快感を覚える人は少なくない。それでも芸人にとってイジられるのは大切な役割、小宮本人がそれに満足し楽しんでいるなら問題ないだろう。


・合わせて読みたい→宮下草薙・草薙、ブレイクも「辞めたい」本音吐露 「人間のやる仕事じゃない」


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年2月1日〜2019年2月4日

対象:全国20代〜60代の男女1,589名 (有効回答数)

しらべぇ

「三四郎」をもっと詳しく

「三四郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ