ロシアのメドベージェワ選手に“雨上がり”の2人がメロメロ 「本当に可愛かった」

12月8日(金)19時0分 Techinsight

セーラームーン姿のメドベージェワ選手(画像は『Evgenia Medvedevа 2017年4月29日付Instagram「Okay okay. So many people said about bad manner on deleted video. 1. Organization helped us to clean all corridor. 2. Rooms so small for this.」』のスクリーンショット)

写真を拡大

ロシアドーピング問題により国際オリンピック委員会(IOC)が来年2月に開催される平昌(ピョンチャン)冬季五輪に、ロシア選手団の派遣を認めないと発表した。決定を前にフィギュアスケート女子の金メダル最有力候補、エフゲニア・メドベージェワ選手(18)はIOC理事会に出席して「五輪は私の夢、出場するチャンスを奪わないで欲しい」との趣旨で訴えていた。

12月8日放送の生ホンネトークバラエティ『バイキング』(フジテレビ系)でその話題を取り上げると、金曜MCを務める雨上がり決死隊(宮迫博之・蛍原徹)がメドベージェワ選手がいかに可愛いかを力説した。

宮迫博之が「めちゃ可愛い、本当に可愛くてそんなことするはずがない」と彼女のクリーンなイメージをアピールすれば、蛍原徹は「セーラームーンの格好をしていて、好きらしいんですよ」と共演した時を思い出す。

メドベージェワ選手は5月27日放送された『炎の体育会TV SP』にセーラームーン姿で登場してスタジオを沸かせた。さらに「ダンス対決」でAKB48『恋するフォーチュンクッキー』の振り付けを見事に踊って注目を浴びる。

『バイキング』で彼女の話題が出ると、雨上がりの2人はその時の姿が脳裏に浮かんだのだろう、ロシアのドーピング問題よりも「メドベージェワちゃんは可愛い」に終始するのだった。

IOCは平昌冬季五輪からロシア選手団を除外するが、選手が条件をクリアすれば個人資格での参加は認める方針だ。ただ、メドベージェワ選手は「自分の国を誇りに思っている」と個人資格での出場について明言を避けたという。多くが彼女の出場を願うだけに今後の動向が気になるところだ。

画像は『Evgenia Medvedevа 2017年4月29日付Instagram「Okay okay. So many people said about bad manner on deleted video. 1. Organization helped us to clean all corridor. 2. Rooms so small for this.」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロシアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ