倉木麻衣 “和楽器バンド”と『から紅の恋歌』主題歌を雰囲気たっぷりに披露

12月8日(金)13時50分 Techinsight

“和楽器隊”と倉木麻衣(画像は『倉木麻衣 Staff 2017年12月6日付Twitter「素敵なコラボレーションありがとうございました」』のスクリーンショット)

写真を拡大

倉木麻衣が12月6日放送のフジテレビ系『2017 FNS歌謡祭』第1夜でヒット曲『渡月橋 〜君 想ふ〜』を披露した。劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』の主題歌として書き下ろしたこの曲は、京都市の桂川にかかる橋を題材に物語の世界観を描いたものだ。この日は和楽器バンドのメンバーとコラボしてその雰囲気を醸し出すパフォーマンスとなった。

和楽器バンドで和太鼓を担当する黒流、尺八担当の神永大輔、津軽三味線担当の蜷川べに、箏担当のいぶくろ聖志による“和”テイスト溢れる演奏は『渡月橋 〜君 想ふ〜』にぴったりだ。

艶やかな着物姿で倉木麻衣がそれに乗せてしっとりと歌う背景には「一面の紅葉」や「京の雪景色」が映し出され、目でも耳でも楽しめるシチュエーションを作り出した。彼女もこれまでとは違った感覚で歌に入りこめたのではないだろうか。

和楽器バンドの“和楽器隊”は7月22日放送のNHK総合『バナナ♪ゼロミュージック』でアレンジクイズを出題する形で演奏して、見事な応用力でバナナマンたちを唸らせたこともある。

『渡月橋 〜君 想ふ〜』のように“和楽器隊”とコラボすれば新たな魅力が発見できる楽曲もあるのではないか。和楽器バンド本隊の活動も可能性が広がるかもしれない。

画像は『倉木麻衣 Staff 2017年12月6日付Twitter「素敵なコラボレーションありがとうございました」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

倉木麻衣をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ