小説のタイトルの前後を組み合わせて新しいタイトルを作るカードゲーム「横暴編集長」が面白いと話題に

12月9日(水)17時32分 BIGLOBEニュース編集部

カードゲーム「横暴編集長」(C)Junction (C) PRODIGY Co.,Ltd./画像はジャンクションプラスサイトより

写真を拡大

小説のタイトルを上下に分けたカードを組み合わせ、面白いタイトルを作るゲーム「横暴編集長」がTwitterで話題になっている。


「横暴編集長」は、各プレイヤーが編集者となって面白いタイトルを考案するアナログゲーム。上下2つに分かれたタイトルカードを組み合わせて「バカ受けタイトル」を作り、編集会議で採用されることを目指す。実際に販売されている小説のタイトルが使われているため、馴染みのある言葉から思いもしない面白いタイトルが生まれる。


組み合わせたタイトルの例
「マリア様が 部活やめるってよ」
「ガス状生物 おじさん」
「ジキル博士と 時々、オトン」
「ズッコケ 40人の盗賊」
「我が家の 二十面相」
「吾輩は 電気羊の夢を見るか」
「限りなく透明に近い ばか」


カードゲーム「横暴編集長」は、東京ビッグサイトで開催された「ゲームマーケット2015」に出展、販売されたもの。現在は、ゲームをデザインしたジャンクションの通販サイトで、購入することができる。


横暴編集長


横暴編集長


横暴編集長


横暴編集長


ジャンクションプラス「横暴編集長」販売ページ


(C)Junction
(C) PRODIGY Co.,Ltd.

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「小説」をもっと詳しく

「小説」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ