「セサミストリート」のビッグバード役キャロル・スピニー(85)が死去

12月9日(月)12時35分 シネマカフェ

キャロル・スピニー (C) Getty Images

写真を拡大

「セサミストリート」で長年に渡ってビッグバードとオスカー・ザ・グラウチを演じたキャロル・スピニーが亡くなったという。同番組などの教育プログラムを手掛ける「セサミ・ワークショップ」がツイッターで報告した。

「『セサミストリート』でビッグバードとオスカー・ザ・グラウチの中に入っていた、伝説的な人形使いのキャロル・スピニーが、2019年12月8日、85歳でコネチカット州の自宅で亡くなりました。キャロルはジストニアを患っていました」。


「セサミ・ワークショップ」の共同創設者、ジョーン・ガンツ・クーニーは、「彼が旅立ったことにみんなで悲しんでいます。そして彼が世界中の子どもたちと『セサミストリート』に与えてくれたものに対し、感謝してもしきれないと感じています」とコメントしている。

キャロルは1969年から昨年まで「セサミストリート」に出演。2015年までは身長約250センチ、重い着ぐるみの中に入ってビッグバードを演じ、昨年までは声優として出演していた。

「セサミストリート」への出演は、同番組クリエイターで1990年に亡くなったジム・ヘンソンに誘われたことがきっかけ。2人は1960年代初期に人形使いサークルで出会って友情を築き、ともに「セサミストリート」に欠かせない重要な人物となった。

キャロルが演じたビッグバードは、アメリカで切手になったり、議会図書館の「生ける伝説賞」に選出されたり、ハリウッドの殿堂入りを果たすなど、番組の外でも大活躍した。

シネマカフェ

「キャロル」をもっと詳しく

「キャロル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ