米歌手ケイティ・ペリーのジョークにBTSのファンが不快感! 会場を去る者も・・いったい何を言ったの?

12月9日(月)16時18分 KPOP monster

ケイティ・ペリー(左)、BTS

アメリカの人気歌手ケイティ・ペリーのジョークに、BTS(防弾少年団のファンたちが不快感を示した。

BTSとケイティは、12月6日(現地時間)に開催された、アメリカのラジオ放送局「iHeartRadio」主催の年末コンサート「ジングルボール 2019」にそれぞれ出演。BTSのパフォーマンスを見ようと、会場には多くのARMY(ファンの名称)が訪れた。

BTSの次にステージに登場したケイティは、観客に向かって「ほとんどの人が寝る時間がとっくに過ぎているのに、起きていられる」と発言。起きていられることを喜ぶべきだ、というジョークを飛ばした。

ARMYたちはというと、ケイティが「BTSのファンは子供ばかり」とバカにしていると感じたようだ。中には、会場を後にしたり、ケイティに怒っていることをアピールするために、ペンライトを消す者もいたという。

BTSは、国籍・性別・年齢などを問わず、世界中のあらゆる人たちから愛されているグループだ。そのことから、多くのファンたちが、ケイティを批判。彼女の発言は“無知”だと主張している。

▲「誰かこの動画をケイティ・ペリーに送ってください。ARMYになるのに年齢制限はありません」

▲「ケイティ・ペリー:就寝時間を過ぎているね?」
ARMY:#ケイティ・ペリーは終わったパーティー」

KPOP monster

「BTS」をもっと詳しく

「BTS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ